坂上忍

16日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にて、フリーアナウンサー小林麻耶手料理を披露。危なっかしい調理風景に、MCの坂上忍が野次を飛ばす場面も見られた。

■生放送中にカツ丼を手作り

かつて同番組のレギュラーを務め、花嫁修業企画に出演していた小林は、「お久しぶりです。花嫁になって戻ってきました!」とあいさつ。坂上も「実際にご結婚されたわけで、あのときみたいな酷い料理っていうのはないんでしょうね?」「いつ別れるの?」など、ジョークを交えつつ歓迎した。

ルーレットの結果「カツ丼」を作ることとなり、当時はきゅうりの切り方さえ知らなかった彼女が、豚肉の筋切りをする様子などに、スタジオからは感嘆の声が上がる。

関連記事:乳がん闘病中の小林麻央 坂上忍に「感謝の気持ちでいっぱい」

■盛り付けの様子に「汚ねー」

時間内に完成させなければならない、というプレッシャーで焦ってしまったのか、割り下の鍋のコンロがなかなか温まらないというアクシデントが発生。

その結果、卵がほぼ生の状態で丼に盛ることとなってしまい、坂上は思わず「汚ねーなぁ!」と野次を飛ばしてしまう。

しかし、いざスタジオで試食してみると「参ったな、美味しいなこれ!」と坂上の表情がほころび、東国原英夫や、TBS時代に直属の上司だった吉川美代子アナも「おいしい」と絶賛。

坂上は「週5で料理作ってる成果出てるんじゃない? あとは手際だね」と小林の努力を評した。

■「野次が酷すぎる」と批判も

最終的に小林の料理の上達ぶりを評した坂上だったが、調理中の野次があまりにも酷かったとして、視聴者からは批判の声も目立っている。

坂上忍こわい、小林麻耶かわいそう」

「きったねーなって坂上さんの全ての素な気がした。小林麻耶さん頑張ってたのに酷いな…」

坂上忍小林麻耶が作ったカツ丼見てきたねぇなって言ったの、テレビとはいえ無理ドン引き…」

「本当に小林麻耶さん頑張ってるわな。妹の麻央さんが亡くなられても自分のスタンスを変えずにいるなんて。それを坂上忍はいつ離婚するの〜って…」

■過度なイジりに6割超が不快感

坂上としては、小林のぶりっ子キャラを立てる「イジり」のつもりで発したものと思われるが、視聴者の多くはそうは受け止められなかった様子。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,589名を対象に実施した調査でも、全体で6割以上の人が「過度なイジりには不快感を抱いてしまう」と回答している。

過度なイジリ

2016年生放送中に倒れ、その後休養が必要となり同番組からも離れた小林。坂上は、休養期間中にも小林と同番組で対談をしたり、妹の小林麻央さんが亡くなった日には、涙を流しながら「海老蔵さんが会見するまで報道を控えたい」と生放送で訴えた。

共演していた小林を気にかける様子も見せていた坂上。やや乱暴なイジりは、元気になった彼女の復帰を喜ぶあまり、力んでしまったのかもしれない。

・合わせて読みたい→小林麻耶さん、再婚説や誹謗中傷で心身ボロボロに 「死にたかった」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年2月1日2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

坂上忍、小林麻耶の生放送調理中に「汚ねー」「いつ別れるの?」