クラウディオ・マルキージオ   写真提供: Gettyimages

 先月、ゼニト・サンクトペテルブルクとの契約を解消した元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオがセリエAに復帰する可能性が浮上している。17日、イタリアメディアスカイスポーツイタリア』が伝えている。

 昨年夏、13シーズンに渡ってプレーしたユベントスを離れてゼニトへと移籍したマルキージオ。しかし、2月にひざ軟骨を損傷。手術の影響もあり、そのままシーズンを終えていた。

 そして先月、マルキージオは双方同意のもとクラブと契約解消を発表。現在フリーになっていた。

 そんな中、今回の報道によるとブレシアがマルキージオの獲得に動いているとのこと。すでに交渉中とも伝えられており、ブレジアはマルキージオに年間100万ユーロ(1億2000万円)の2年契約を提示しているようだが、同選手は年棒250ユーロ300ユーロ(3億円~3億5000万円)を希望しているとも。

 果たして、マルキージオのセリエA復帰は実現するのだろうか。