たった2700円で、源泉かけ流しの温泉が楽しめる旅館あるんです! 目指すは東京の奥座敷として文人墨客に愛された湯河原温泉。1泊3000円以内なんて、一体どんな旅館なんでしょう。

モダンな旅館には自由に使えるフリースペースがいっぱい

ガラスと木製ルーバーからなる大屋根が立派な、隈研吾氏によりリノベーションされた湯河原駅に降り立ち、無料の手湯などを楽しんでいると現れた濃紺の送迎車。車に乗り込み10分ほどで到着したのが「The Ryokan Tokyo YUGAWARA(ザ リョカン トウキョウ ユガワラ)」。




2018年オープンして以来、“人をダメにする温泉旅館”として人気なのです。真っ赤な鳥居を思わすようなアプローチが印象的で、温泉旅館を現代的にとらえ再構築した、和モダンな温泉旅館とでもいうニュアンスライトアップされた鳥居をくぐると、エントランスには巨大な提灯がお出迎え。


黒をベースにしたロビーまわりには、大きさも形もさまざまな、色とりどりのクッションが並んでいます。ここは、ダイニングにも、カフェにもなり、宿泊者はフリースペースとして使えるとのこと。


この色とりどりのクッション「Yogibo(ヨギボー)」が“人をダメにする”のだとか。なんだか気持ちよさそうなので腰を下ろすと、とってもやわらかですりすりしたくなるような肌触り。人の身体にフィットする究極のリラックスグッズで、温泉を楽しんだら、ココでごろりとまどろむのに最高なのです!


しかも「Yogibo」の数がスゴイ! 小さくてかわいい「Yogibo」から、


縞々のヘビのような細長い「Yogibo」・・・


カップルシートの「Yogibo」・・・


ソファータイプの「Yogibo」・・・


お風呂上りにも「Yogibo」など、館内にカラフルかわいい「Yogibo」がいっぱい。お好みの場所を見つけてリラックスできるのです。

2700円のドミトリーで温泉を満喫できる!

本日の宿泊はドミトリー。旅館なのにドミトリーがあるんです。全14ベッドありカプセルホテルのような2段ベッドタイプが備わっています。幅約1.3m×奥行き約2.3mのスペースは、眠るのには十分な広さ。これで2700円ならとってもリーズナブル。




ロッカーも備わっているので、大きな荷物はこちらへ。客室内にもテーブルなどが配されていますが、「Yogibo」があるフリースペースを自由に使えるので、窮屈さなどをまったく感じることなく温泉を楽しめます。ただし、ドミトリーの場合はタオルセット540円、浴衣540円などは有料になるのでご注意を。


もちろん一般的な客室もあり、こちらは素泊まりなら1名5400円~(2名利用)宿泊可能。しかも、富嶽三十六景の「神奈川沖浪裏」などの襖絵が圧倒的なインパクトで、インバウンドのお客さんはとくに喜びそう。フリースペースにあったカラフルなクッション「Yogibo」も配されています。



富士山を望む源泉100%のかけ流しの湯

男女別に設けられた温泉は、加水・加温なしの源泉100%! 富士山を眺めながら入れます!!  といっても写真パネルなのですが、富士に桜のあしらいが圧倒的なインパクト。ややぬるめの湯で、木漏れ日を感じながら長湯が楽しめて湯上りにずっ~と身体がポカポカ。その余韻を楽しみながらフリースペースでまったりするのが、おすすめの過ごし方。温泉おこもりするのにぴったりです。


夕食や朝食を依頼することも可能。とくに朝食は、10個のおちょこ(小鉢)に、和え物・煮物・お豆・サツマイモ・がんもなどと、いろいろなものが少しずつ味わえる「湯河原おちょこ御膳」で、見た目もかわいらしい一品です。



■あわせて読みたい

真っ白な宇宙船”のような進化系カプセルホテルに泊まってみた!*ナインアワーズ竹橋*【宿泊ルポ】
世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】

The Ryokan Tokyo YUGAWARA(ザ リョカン トウキョウ ユガワラ
住所:〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742
料金:素泊まりドミトリー2700円~/1泊朝食付きドミトリー4000円~/素泊まり個室5400円~/1泊朝食付き個室7560円~
CHECK IN/OUT:16:00/10:00
客室数:ドミトリー14ベッド/個室11室
客室の広さ:約3平方メートル
アクセス:JR「湯河原駅」より奥湯河原行き・不動滝行きバスで「藤木橋」下車、徒歩10分(無料送迎あり)
HPhttps://www.theryokantokyo.com/



All Photos by tawawa]
The Ryokan Tokyo YUGAWARA