brain1

image credit:pixabay

 現代人にとって電磁波を避けることはとても困難なことである。目には見えないが身の回りを取り巻いており、またテレビラジオ携帯電話WiFi電子レンジなどもその発生源である。

 直接的な原因が電磁波にあると確認されていないし、正式な病気とは認定されていないものの、実際に体調を崩してしまう「電磁波過敏症」になってしまう人が存在するのも事実だ。そういった場合には頭痛や吐き気、疲労感、動機などに襲われるという。

 そんなツライ症状を抱えてしまう前に電磁波なんとかすればいいんじゃない?ということで効果のほどは不明なままに電磁波対策用の帽子なんかが販売されているようなんだ。

―あわせて読みたい―

身の回りにある磁場を可視化したらすごいことになっていた!
マサチューセッツ工科大学生が真剣に研究した「アルミホイル・ヘルメットの有効性」
電磁波が怖い。wifiが怖い。電波恐怖症の人が次々の非難するアメリカの小さな村
Wi-Fi、デトックス、グルテンフリー、トライポフォビア。科学的根拠がないのに思い込みで健康被害をもたらした7つの例
新たなる謎。ギザの大ピラミッドの部屋の内部に電磁波エネルギーが集められていたことが判明(ロシア研究)

脳に静かな場所を提供してあげられる電磁波対策の帽子

 フィルターEMFで販売されている「ブレイン・コート」は一見すると耳覆い付きの帽子だが、電磁波対策としてシルバーコートが施されているのが特徴。

 電磁波から受ける心理的作用に干渉されることなく脳に静かな場所を提供してあげよう、というのがコンセプトのようだ。

 軽くて伸縮性があり通気性もよく快適なかぶり心地で、普通の帽子の下に着用しても違和感がないほど薄いのもポイントだ。

brain2


睡眠時にかぶれば雑音も電磁波も防げてぐっすり安眠?


 また、睡眠時にかぶると耳が隠れて雑音を防いでくれるためとても快適で、さらに耳栓をすれば周囲の音にも電磁波にも影響を受けずに眠れるという。

 電磁波防止効果は1-10GHzで35dB、表面抵抗率は0.5 Ohm / sq、価格は約5800円となっている。

brain3


 電磁波過敏症は、電磁波が原因というより、どちらかというと、「ある程度の電磁波(=電磁場)に曝露されると、身体にさまざまな不調が現れる」「電磁場に曝されることによって健康を害する」といった考えによりストレスが生じ、それによって引き起こされると考えられている。電磁波過敏現状では明確な疾病概念は定まっておらず、 日本では心の病とされていることが多い。

 とは言え実際に症状が発症し苦しんでいる人がいるのも事実だ。

 この帽子で電磁波が遮断できると信じることができれば、ある程度の効果は期待できるんじゃないかな?

References:Filter emf / Boing boing / Geekologieなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278138.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

これは欲しい!バッグに着ければアクセサリーにもなる、猫型モバイルバッテリー
水着もおしゃれに重ね着感覚。男性用海水パンツにオンする透明パンツ
都民じゃなくても推し地区をアピールできる。東京都53区市町村の地形がモチーフとなったネックレスが登場!
ゴジラ・ギター(覚醒ヴァージョン)の限定販売が開始。海外のゴジラファンがざわつく
チェルノブイリの立ち入り禁止区域内で栽培された穀物を使ったウォッカ「アトミック」が誕生。近々販売予定

サブカル・アートについての記事―

これは欲しい!バッグに着ければアクセサリーにもなる、猫型モバイルバッテリー
フォースの力?ダースベーダの巨大頭部が宙に浮く。ヨーロッパ最大級の熱気球イベント(イギリス)
ミステリアスな木馬たちの墓場「ポニーヘンジ」(アメリカ)
水着もおしゃれに重ね着感覚。男性用海水パンツにオンする透明パンツ
疑似ドキュメンタリーの先駆けとなった米映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」が世界にもたらした影響
電磁波を遮断し、脳を守るキャップ「ブレイン・コート」が販売されている件