中日戦で27号ソロ、28号ソロ

ヤクルト – 中日(17日・神宮)

 ヤクルトの19歳、村上宗隆内野手は17日、中日戦(神宮)で2打席連続本塁打マークシーズン28本塁打とし、西武・清原和博が86年に記録した10代最多本塁打記録の31本にあと3本に迫った。

「6番・一塁」で先発出場した。4-4で迎えた4回先頭の第2打席で右越え27号ソロを放つと、6回2死の第3打席でも右越え28号ソロ。5戦4発の量産体制だ。

 14日のDeNA戦では3打点を挙げて81打点。清原和博(西武)の10代での記録を上回っていたが、この2発でシーズン83打点にまで伸ばした。(Full-Count編集部)

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】