タコスtondone/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

決められた時間内に大量の食べ物を食べ、その多さで勝敗を決めるという「競技」の人気が高い。中にはプロとして様々な試合に参加している人もいるが、この手の試合がいかに危険かにつき改めて思い知らされる出来事があった。

■タコスの大食いに挑戦

野球のマイナーリーグの試合が米カリフォルニア州にて行われ、その会場では客たちを盛り上げるべくタコス大食い・早食い大会も開催された。

これに参加者としてエントリーした男性(41)は本気で優勝をめざし、試合前には食事を抜き胃の中を空っぽにするほどの意気込みだったという。

関連記事:沖縄好きなら常識!?最強のタコス屋『メキシコ』がウマすぎる

■テーブルに突っ伏し、そのまま床に…

そして試合が始まるなり、男性はタコスを勢いよく口に詰め込み始めたという。その様子を見ていたという人物曰く、「他にも選手がふたりいたが、この男性が食べるスピードは尋常ではなかった」「噛まずにタコスをそのまま飲み込んでいるように見えた」。

勝つためにかなりムチャな食べ方をしていた男性は、ほどなくしてテーブルに突っ伏すような体勢に。その後は力なく床に崩れ落ち倒れてしまったという。

■気道に詰まっていた大量のタコス

すぐに救急車が呼ばれ、病院に搬送されたというこの男性。

病院に到着するなり医師らが喉に詰まっていた食べ物の除去と気道確保を試みたが、ほどなくして男性は帰らぬ人になってしまった。

■過去にも死亡事故が発生

様々な国や地域で大食い、早食いを競い合う大会が開催されているが、死亡者が出るケースも少なくはない。2017年にはアメリカの女子大学生ホットケーキ大食いに挑戦し、窒息死。その後の臓器提供も話題になった。

また2014年にはウクライナで餃子の早食い大会が開催され、20分足らずの間に100個の餃子を食べた50代の女性が優勝。しかし授賞式のステージで心臓発作を起こし、救急車の到着を前に死亡したという悲劇も報じられた。

プロとしてこういった試合に出る人たちにとっても、決して安全とは言い切れない大食いや早食い。エキサイティングな試合を観て楽しむファン、そして「自分も出てみたい」という人も多いが、時には死につながる危険な「競技」であることを忘れてはならない。

・合わせて読みたい→大食いは若い女性に多く… 「彼女のほうがたくさん食べる」との男性も

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

大食い大会に参加した男性が死亡 「噛まずに飲みこんでた」との情報も