全国各地であおり運転を行い、茨城県内では暴行を加えて、16日全国へ指名手配された男。その影響で17日、ネット上が騒然としている。しらべぇ編集部は、その影響を追った。

■同乗の女も…

あおり運転をして高速道路で車を停止させ、男性を殴った疑いで、茨城県警は、16日傷害の疑いで43歳の男の逮捕状をとり、全国に指名手配した。指名手配されたのは、住居不詳・職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)。

宮崎容疑者は8月10日常磐自動車道で24歳の男性が運転する車にあおり運転をしたうえ、高速道路で男性の運転する車を停止させ、「殺すぞ」などと叫びながら男性の顔面を複数回殴った傷害の疑いが持たれている。

警察は、関係先に捜査員を派遣したが、身柄の確保にいたっていない。宮崎容疑者の車には女性が同乗していて、男性を殴る様子などを携帯電話で撮影していたが、警察は、この女性についても事件への関与について慎重に捜査している。

関連記事:女性に執拗なあおり運転した男を逮捕 JAFは「ためらわずに110番を」

■激励の電話が…

茨城県警の当直長は17日、しらべぇ編集部の取材に対して、「県警には激励の電話がはいっている。捜査に関する情報は、逮捕前ということもあり、出せることが少ない」と回答。

さらに取材班が宮崎容疑者の会社に何度か電話したところ、固定電話が携帯に転送され、その携帯も「電源が入っていないか、電波の届かない場所にあるためかかりません」というアナウンスが流れた。

■ネットは大騒ぎ

-

指名手配直後に、ネット上では宮崎容疑者のインスタFacebookアカウントが特定された。ツイッターではこの男の名前と、同乗していたのではないかと名指しされた女性の名前がトレンド入り。

それぞれのアカウントには、朝から誹謗中傷が書き込まれ、のちに女性のインスタは非公開設定に。そして、この女性と同姓同名のインスタアカウントの所有者は、「この事件には関係がない。朝から電話が鳴りやまない」という旨のコメントアップした。

■厳罰を求める声

悪質な犯罪を行った男を、厳しく罰するべきという声があがっている。

「無謀運転を撲滅するためにも厳罰でお願いします」

「殴られた方は気の毒だったが、あのドラレコのおかげで特定できた。怖かったと思うが勇気もあったと思うよ」

「二度と車を運転できないようにしてほしい!」

煽り運転をした挙句、高速の真ん中で車を止めたのだから殺人未遂が妥当だと思う」

こういった悪質行為を一件一件検挙し、厳重に処分して「あおり運転絶対に許さない」という社会の構築が必要だろう。

・合わせて読みたい→車から知人が転落して死亡 ドライバーが明かす「ありえない状況」に衝撃

(文/しらべぇ編集部・おのっち

「あおり運転男」の指名手配で各所が騒然 茨城県警には激励の電話も