レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の残留を口にした。スペイン『アス』が報じた。

今夏を通じて、ジダン監督の構想外を理由に移籍報道が加熱したベイル。だが、移籍間近ともいわれた江蘇蘇寧行きが破談後、11日に行われたローマとのテストマッチで途中起用され、17日に敵地で行われるリーガエスパニューラ開幕節のセルタ戦に向けた遠征メンバーにも名を連ねた。

そのベイルはセルタ戦に先発出場。1アシストマークしてチームの開幕白星に貢献してみせた。ジダン監督は試合後、ベイルについて問われると、こう話したという。

「彼はほかのみんなと同じようにここにいる。彼のプレーに満足しているよ。彼は残る。ヴィニ(ヴィニシウス・ジュニオール)とベイルは本当によくやってくれたし、よく守備もしてくれた」

なお、ジダン監督は白星スタートチームについて、「非常に満足している。選手はよくやった。ボールだけでなく、守備も本当にうまく機能した。それが試合のカギだったからね」とコメントしている。

サムネイル画像