祈るTinnakorn Jorruang/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

成功体験をしたあと、縁起の良さからその日と全く同じ行動を取ることを「ゲン担ぎ」と呼ぶ。効果があるか否かは微妙だが、精神的な安心を得ることができるため、自分なりの「ゲン担ぎ」を持っている人もいるだろう。

■ゲン担ぎを持っている?

そこで、しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,721名を対象に「ゲン担ぎ」について調査を実施。

結果、「自分なりのゲン担ぎを持っている」と答えた人は21.5%となった。

関連記事:【がんばれ受験生】受験応援(便乗?)グッズに見るダジャレ進化論

■どんなゲン担ぎを聞いてみると…

どのような「ゲン担ぎ」を持っているのか。複数の人に聞いてみた。

(1)商談のときは同じネクタイ

「営業をやっています。大きな商談があるときは、かならず締めていくネクタイがあります。自分が初めて大きな契約をとったときにのネクタイで、なんとなくゲンの良さを感じて毎回締めています。

失敗したことももちろんあるのですが、やっぱりあのネクタイじゃないと落ち着かなくなってしまった」(20代・男性)

(2)勝負の前はカツ

「高校の野球部時代、大会の試合前日に親が必ずとんかつを出してくれた。ベタではあるのですが、なんとなく力が出るような気がして。そのおかげで県大会準決勝まで行くことができました。

現在は見る専門になってしまいましたが、プロ野球の贔屓チームが大事な試合を迎えたときは、とんかつカツ丼などを食べています。必ず勝てるというわけではないのですが、気持ちの問題ですね」(40代・男性)

■女性からも様々な…

(3)5円玉を携帯

「なかなか婚活がうまく行かず、結婚できずにいます。マッチングアプリなどで知らない男性と会ったりしたけど、疲れてしまって…。

なのでもう婚活は止めて、スマホケースに5円玉を入れて、持ち歩いています。『ご縁がありますように』というゲン担ぎ。もはや、神頼みかも」(40代・女性)

(4)キットカットを食べる

「好きなサッカーチームの試合のときはキットカットを食べて、『きっと勝つ』と言い聞かせています。正直あまり効果はないのですが、精神的に信じることができる」(20代・女性)

効果が確実にあるといえないゲン担ぎだが、担ぐことで精神的な安心を得ることができることだけは間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→『YOUは何しに』外国人男性相手に婚活バトル勃発 運命の出会いも…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名 (有効回答数)

根拠はないけど精神的に安心できる? 個性的なゲン担ぎ4選