直木賞作家・白石一文の同名小説を映画化した「火口のふたり」が8月23日(金)公開(18歳未満入場不可)される。本作は、久々に再会を果たした元恋人同士の男女が、相手(女性側)が10日後に結婚すると知りながら刹那的な快楽と、その深みにハマっていく物語だ。主演を務めた柄本佑が演じるのは、離婚後独り身になって、ままならない人生を送っている永原賢治。「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすのか?」をテーマに描かれる物語の中で、柄本が感じたものとは?

【写真を見る】劇中に登場する“情熱的”な写真を集めた写真展も開催される

――柄本さんが演じられた賢治の印象は?

恐らく世間的に見たら、どうしようもないダメ人間だと思います。彼自身、それまで何も決めずに生きてきて、離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、全てを失って、自暴自棄になって自分を無下に扱ってきたのではないかと。そんな状況で、自分の“身体の言い分”に身を委ね、久々に再会した直子(瀧内公美)との関係を続ける選択をします。

自分の“身体の言い分”に愚直なまでに従えるのはすごい選択だと思うし、ある意味、賢治は優しい男なのかなとも思いました。そこがこの作品を面白いと思った理由の一つですね。

――荒井監督のからの直接のオファーだったということですが、そのときはどのような状況だったのでしょうか?

僕が「秘密の花園」(2018年)という舞台をやっていたときに、荒井さんが見に来てくださって。それまでは荒井さんが僕の舞台を見に来るなんてことは一度もなかった上に、楽屋にまで来てくださったので、「荒井さん、どうしたんですか?」と聞きました(笑)

そうしたら「『火口のふたり』という映画をやるから出ろよ」と言われて。そのときは僕も「スケジュールの都合がありますから(笑)」という感じで答えていましたが、心の中では絶対にやると決めていました。

■ 瀧内さんは堂々と肝が据わられていました

――その「火口のふたり」は、元恋人同士の賢治と直子が再会し、直子の婚約者が出張から戻ってくまでの5日間を描いた物語。その間、体の関係を含めて、とても濃密な時間が流れていきますが、登場人物は賢治と直子だけ。直子を演じる瀧内久美さんとは、どのように距離感を詰められていったのでしょうか?

この映画は10日間で撮っているんですが、それが逆によかったのかもしれません。あの狭い部屋の中に二人だけでいると、おのずと空気感ができあがってくるというか。あと、これは助監督さんの撮影スケジュールの采配が素晴らしかったのですが、直子が「今夜だけ、あのころに戻ってみない?」という言葉から始まる最初のベッドシーンまでは順撮りでやらせていただいたんです。

――すごくドキドキする写真がたくさんありました。柄本さんも瀧内さんも自然体で映られていて、あの写真はどうやって撮影されたのか気になっていました。

僕も脚本を読んだときに、写真はどうするんだろうと思っていました。結果、僕と瀧内さん、写真家の野村佐紀子さんの3人だけで現場に行って、2日間かけて撮影しました。

――瀧内さんとは今回が初共演ということですが、瀧内さんは写真だけでなく、映画本編でも大胆なシーンに挑戦されていたと思います。ご本人の印象は?

僕ら男と違って、女性が映画や写真で裸をさらすことは、とてもセンシティブな問題だと思います。でも、瀧内さんは堂々と肝が据わられていました。そのおかげで僕も遠慮くなく演じさせていただきましたし、いつもなら女優さんが苦手な荒井さんも瀧内さんに助けられたところがたくさんあったんじゃないですかね(笑)。それぐらい頼りになる存在でした。

■ 写真を撮られるのが苦手で…

――賢治と直子にとっては重要な1枚となる富士山の火口を映したポスター前での写真のように、柄本さんとって忘れられない1枚はありますか?

僕は写真を撮られるのが苦手で、それこそ今はずいぶん慣れましたが、昔は「笑顔をお願いします」と言われてもカチコチになってしまっていたんですね(笑)。そのカチコチになっていた19歳ぐらいのときに、荒木経惟さんに撮っていただく機会があったんです。

――それこそ“アラーキー”こと荒木経惟さんは、今回のスチールを担当された野村さんの師匠ですね。

確かにそうですね! 今でも鮮明に覚えているのは、そのときに僕がスキンヘッドだったからか、荒木さんが『よし、終身懲役でいこう』とおっしゃったんです(笑)。僕としては『?』と思いながらやっていたんですけど、撮影中に僕が一瞬、気を抜いてしまったときがあって。そうしたら、それまでバシバシ撮っていた荒木さんが、その瞬間はシャッターを切るのを止めたんです。

それはきっと荒木さんが僕の気を抜いた瞬間を見抜いたからなんですよね。そういうわずかな瞬間を見抜ける方にガッカリされるのは本当にイヤだなと思ったし、そのときに初めて感じた自由でありながら縛られているような感覚は今でも体に残っています。そして、あのときに荒木さんに撮っていただいた写真は、今でも自分のお気に入りの1枚です。

――映画としてはR18+(18歳未満入場不可)に指定されていますが、柄本さん個人としてはどういう楽しみ方をおすすめいただけますか?

この映画を試写で見ていただいた方によく言われるのは、男と女でかなり意見が違うねと。なので、男性と女性のチームで一緒に見ていただいたら、その後の飲み会がかなり盛り上がるのではないかと(笑)

映画のレイティング的にはR18+に指定されていますが、それを売りにしている映画ではなく、ベッドシーンと同じぐらい食事のシーンや寝ているシーンがあったりして、人間の営みを描いた作品になっているので、人間がシンプルに原始的に生きている姿を楽しんでいただけると思います。(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

映画「火口のふたり」で主演を務める柄本佑