デスパイネは腰の違和感で2試合連続欠場、18日出場選手登録を抹消される見込み

 ソフトバンクキューバ人助っ人オスカー・コラス外野手が18日、本拠地ヤフオクドームで行われる西武戦前の練習で1軍に合流した。腰を痛めているアルフレド・デスパイネ外野手に代わって、出場選手登録される見込みだ。

 コラスは2017年5月にモイネロとともにソフトバンク育成選手として入団。当時は18歳の若さで投手も務めて“キューバ二刀流”として注目された。2年目の昨季から野手に専念。3年目を迎えた今季は、その打力が花開き、7月には支配下契約を勝ち取った。今季ウエスタン・リーグでは56試合に出場し打率.308、9本塁打41打点をマークしている。

 代わってデスパイネが登録を抹消される見通し。デスパイネは15日の楽天戦(楽天生命パーク)の試合前練習中に腰の違和感を訴えて欠場。17日の西武戦(ヤフオクD)も症状は回復せず、欠場していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

1軍に合流したソフトバンクのオスカー・コラス【写真:福谷佑介】