お笑いコンビダウンタウン松本人志が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、アニメそれいけ!アンパンマン』の“アンパンチ論争”について語った。

アンパンマンがばいきんまんを退治する定番の技・アンパンチが、子供に悪影響を与えているのではないかと論争になっていることが、番組内で取り上げられた。

松本は、「僕はこれ本当にもう関わりたくないというか。本気で思ってる人、いないんじゃないか」と苦笑い。「不完全なボケを我々がツッコまないといけない、乗っからないといけない面倒臭さは感じています」と感想を述べ、「本当に思っている人がいるなら、それはなかなかすごい」と遠回しに批判した。

司会の東野幸治は、同様のニュースにおける松本の過去の発言「アンパンチは弱すぎる。もっと思いっきりどつかないと。だからばいきんまんが毎週あんなことをするんです」を紹介。松本は覚えていなかったようで、「むしろ、俺はもっと攻撃力をアップしろという」と自身の主張を笑いつつ、「もう二度とアンパンマンに逆らいたくないくらい」と“攻撃力アップ”の真意に納得した様子。タレントのヒロミはすかさず、「毎週出てくるのがまたいいんだけどね」とフォローして笑いを誘っていた。

画像提供:マイナビニュース