レアル・マドリーキャプテンを務めるセルヒオ・ラモスリーガエスパニューラ白星スタート後、コメントした。スペインマルカ』が報じた。

プレシーズン中の7試合で2勝しか挙げられず、今シーズンチームに懐疑的な見解が集まったレアル・マドリー。17日に敵地で行われたリーガエスパニューラ開幕節のセルタ戦でクロアチア代表MFルカ・モドリッチが一発退場を命じられる苦難に直面したが、3-1の勝利で飾り、白星スタートを切った。

レアル・マドリー在籍15年目となるシーズンの初戦でチームの白星に貢献したセルヒオ・ラモス。試合後、スペインMovistar』で

「とても良い形でシーズンスタートが切れたね。プレシーズン中は多くのネガティブな憶測が飛び交ったけど、僕らは自分たちのフットボールに集中し続けた」

「過去を消し去らないとね。過去の結果に気を取られているわけにはいかない。結果は変えられる。それこそフットボールだよ。人々の記憶にあるのは結果とタイトルだけさ」

見事に白星発進のレアル・マドリーは、24日に行われる次節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウにバジャドリードを迎え撃つ。

サムネイル画像