ホワイトソックス戦の7回に代打で今季最長タイ8戦連続安打となる中前打

エンゼルス 6-5 Wソックス(日本時間18日・アナハイム

 エンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地のホワイトソックス戦で10試合ぶりにベンチスタート。7回に代打で登場し、中前打を放った。8月初アーチ、18試合70打席ぶりの本塁打は飛び出さなかったが、勝負強い打撃を見せた。チームは大谷の一打から一挙4得点を挙げ、6-5で逆転勝ちした。

 2-5で迎えた7回1死一塁。3番手左腕フライの外角低めに外れるカットボールバットに乗せ、中前へ落とした。登場曲「ルパン三世」のテーマソングに乗って、10日の敵地レッドソックス戦からの連続試合安打を8に伸ばした。

 大谷は続くフレッチャーの四球で二塁へ進むと、同満塁からのトラウトの左前打で二塁から生還した。今季42得点目を記録。さらに、同一、二塁からアップトンの左翼線適時二塁打で同点とし、2死満塁からグッドウィンの押し出し四球で勝ち越した。3点差をひっくり返し、逆転勝ちした。

 今季成績は86試合出場し、309打数92安打の打率.298、15本塁打、50打点。代打成績は9打数4安打の打率.444、1打点とした。オースマス監督は「代打などの限られた打席がある中で、彼は素晴らしいスイングができている。ボストンでは良い打撃を見せてくれた」と称賛していた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

本塁へ生還したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】