レアル・マドリードトッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの獲得を希望している。18日にイギリス紙『サン』が報じた。

 同クラブは今夏の移籍市場で大型補強を行っており、ベルギー代表MFエデン・アザールなどの世界有数の選手らを獲得。しかし、クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督はそれでもなおエリクセンの獲得を希望しているようだ。

 トッテナムもエリクセンに対する他クラブからの熱視線を認識していたことから、同選手の退団に備え後釜としてアルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソを獲得。プレミアリーグの市場が閉幕した現在、エリクセンのスペイン移籍はより濃厚となっている。

 同紙によると、レアル・マドリードはエリクセンに対して6000万ポンド(約77億円)のオファーを提示する模様。複数回に及んで交渉を持ちかけている同クラブは、これを最終オファーにすると伝えられている。果たしてレアル・マドリードは念願のエリクセン獲得を実現できるのであろうか。

レアル・マドリードはエリクセンの獲得を断念していない [写真]=Getty Images