5回に3番手の松田遼から2つの押し出し含む3連続四死球で2点を奪う

ソフトバンク – 西武(18日・ヤフオクドーム

 西武が、ソフトバンク投手陣の四球禍で逆転に成功した。

 18日、本拠地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。3点ビハインドで迎えた4回、中村、栗山、外崎の3連打などで2点を返すと、5回には1死から秋山の二塁打、金子侑の四球で、ソフトバンク先発のミランダが降板。森は嘉弥真に遊ゴロに封じられて2死となったが、3番手の松田遼が中村、栗山、外崎に3連続四死球。2つが押し出しとなり、2点を貰い逆転した。

 ソフトバンクは先発のミランダが3回までパーフェクト投球をしながら、4回に急変。4安打で2点を返されると、5回に秋山に二塁打を打たれ、金子侑に四球を与えたところで降板。3番手・松田遼が3連続四死球を与え、この回1安打4四死球で2点を与えて試合をひっくり返された。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)