嫉妬する女性(Doucefleur/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人との出会い方は様々あるが、現在は「婚活」で知り合った相手と結婚することも珍しくないだろう。相手の職業や趣味を事前に知ることができるため、効率的な出会い方とも言えるかも知れない。

女性向け掲示板ガールズちゃんねる』では、「婚活」に関するトピックが話題になっている。

■じつは婚活していた独身仲間

投稿者は、独身・アラフォーの女性。20年ほど仲良くしている同い年の友人がいるという。その友人とは「結婚もう無理だね」と笑い話をしていたようだが、じつは友人は婚活をしており、来年結婚すると報告を受けたようだ。

女性は「婚活に誘ってほしかった」と冗談まじりにいってみたものの、以前から婚活には興味がないと話していたため「誘いづらかった」と言われてしまう。

関連記事:こっちは真剣なのに! 婚活の場に現れる「既婚者」たち

■「私だけ取り残された」

友人が幸せになることは素直に喜んでいるようだが、正直なところ嫉妬と悔しさ・寂しさで「胸に大きな真っ黒い穴が空いた」と語っている。

「私だけ取り残された」という思いを抱き「結婚したくて仕方ない」と語る女性は、同じ経験をした人に「どうやって立ち直りましたか?」「その後あなたは結婚しましたか?」と回答を求めた。

■厳しい意見も

掲示板ユーザーからは、様々なエピソードアドバイスが続々寄せられている。

アラフォーでも間に合う可能性はあるよ。私婚活で39で結婚相談所で出会って結婚したよ。結婚したいならガチの結婚相談所に登録することをオススメします」

「私も独身アラフォー。ずっと遊んでた同い年の友達が結婚した時はちょっと寂しかったけど、焦りはしなかったな。私は結婚してないけど、今も仲いいよ」

中には、自ら婚活しようとしなかった女性に対して厳しい意見も。

「気持ちは分かるけど、お友達は自らの意思で婚活する事を決めて行動に移したわけでしょ。あなたにもそうすることはできたのに行動しなかったのはなぜ?

寂しい気持ちは分かるけどあなたが独身なのはお友達のせいではないし、今からでも婚活したらどうかな。心の中で本当は結婚したいと思っているなら今行動に移すチャンスだよ。」

■5人に1人に婚活経験

仲間だと思っていただけに素直に喜べない様子の女性だが、婚活をスタートする良いきっかけになったのかも知れない。

しらベぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に、婚活に関する調査を実施。その結果、全体の20.0%が「婚活をしている人が周囲にいる」と回答した。

本格的な「婚活パーティー」から、気軽に始めることができる「マッチングアプリ」など婚活の種類は幅広い。女性に素敵な出会いがあることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→『YOUは何しに』外国人男性相手に婚活バトル勃発 運命の出会いも…

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

独身仲間の結婚に「取り残された」 落ち込む女性に厳しい意見も