2回の第1打席で、十亀の初球を捉えてプロ初本塁打

ソフトバンク 5-4 西武(18日・ヤフオクドーム

 ソフトバンクのコラス外野手が、鮮烈な1軍デビューを飾った。18日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦。2回の第1打席で初球を右中間スタンドへ放り込むソロ本塁打を放ち、史上9人目となる初打席初球本塁打を達成した。

 衝撃的なデビューに、本拠地がどよめいた。この日デスパイネに代わって1軍昇格を果たしたコラス。2回、注目の初打席でいきなり結果を残した。西武先発の十亀が投じた初球、シュートを捉えると、打球は右中間スタンドへと飛び込んだ。二塁ベース目前で手を掲げてガッツポーズ。プロ初打席で初球を本塁打プロ野球史上9人目となる快挙を達成した。

ストライクゾーンに来たら打ちに行こうと思っていた。いいコンタクトができた」。ファンの大歓声を浴びながら、ダイヤモンドを一周。戻ったベンチではチームメートたちから「サイレントトリートメント」で祝福された。ベンチ前には誰も出てこず、座ったまま。1人で“エアハイタッチ”を繰り返し、苦笑いでベンチへ腰掛けようとした瞬間、一斉に仲間たちからの祝福を浴びた。「初めてのことだったから、初めはビックリしました」。仲間たちのサプライズに、ちょっぴり困惑した。

 一時、逆転を許しながら、チームは再逆転勝利をおさめ、コラスはデビュー戦でお立ち台に立った。「1軍に上がって1打席目で本塁打を打ててとても嬉しいです」と語ったヒーローインタビュー。「お客さんが多いから、緊張しました」とはにかむ姿が初々しかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

ソフトバンクのコラス【写真:藤浦一都】