江幡がKING OF KNOCK OUT 初代スーパーバンタム級王座に就き、賞金100万円を手にした

キックスロード
K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER
2019年8月18日(日)東京・大田区総合体育館

▼第10試合 メインイベント KING OF KNOCK OUT 初代スーパーバンタム級王座決定1DAYトーナメント決勝戦
○江幡塁(伊原道場)
判定3-0 ※29-28、30-28 、30-26
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺

江幡の右ストレートクリーンヒットし、小笠原からダウンを奪う

 ISKA K-1ルール世界バンタム級・WPMF世界スーパーバンタム級王者・小笠原瑛作(23=クロスポイント吉祥寺)とWKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁(28=伊原道場本部)が決勝に挑む。

 小笠原は1回戦で元WMFムエタイバンタム級王者のミケール・フェルナンデススペイン)と対戦。反則の倒れたところに顔面に蹴りをもらい鼻血を出しながらもローで主導権を握り判定で勝ち上がった。一方、江幡は1回戦でWMC日本スーパーバンタム級王者・大野貴志(士道館新座ジム)にダウン奪うも、大野が江幡にカットを奪う猛追、僅差で決勝へ勝ち上がってきた。

小笠原(右)も蹴りからパンチに、肘打ちと攻めたが江幡に届かず

 小笠原としては2018年6月に江幡と対戦し、優勢に進めながらも逆転KO負け敗れているだけにこの決勝戦でリベンジしたいところ。

 江幡は前に出ながら圧力をかけパンチを中心に組み立てる。小笠原のローにパンチで突進し右ストレート小笠原の顎を上げる。

 2R 小笠原は前蹴りで突き放し肘で江幡の顎にヒットする。しかし、小笠原との接近戦で江幡が右ストレートを放つと小笠原ダウン。立ち上がると、再び肘を狙う小笠原だがヒットを奪えず。

江幡の右ローも破壊力があり試合を有利に進めた

 最終の3R、挽回したい小笠原はアウレッシブに攻める。しかし、しっかりガードする江幡はタイミングを見て右ストレーをヒットさせる。
 蹴りを中心に攻めた小笠原だったが、江幡の力強いパンチと蹴りの前に小笠原は攻めきれず。判定で江幡がKING OF KNOCK OUT 初代スーパーバンタム級王座に就いた。

※全試合結果はこちら