TV cover_e


 いったい誰がなんのために!?というような珍事は、ある日突然発生するものだ。アメリカ、バージニア州のとある地域で、頭に旧型テレビを被ったテレビ男が、民家の軒先に次々とブラウン管テレビを置き去りにした。

 朝になって、自宅の玄関先や芝生に思いがけないギフトを目にした住民らは困惑。通報を受けた警察は、60台近くのテレビの回収に努めたという。

 ほとんどの住民が「若者のイタズラでは」と、ちょっとしたユーモアとして受けとめている一方で、警察は「犯人は違法投棄の罪に問われる可能性がある」と述べている。

―あわせて読みたい―

ウサギってそうじゃないだろ!イースターバニーの被り物が怖すぎて悪夢パターン
テレビが高級品だった時代。おめかししてテレビと一緒に写真を撮る人々(1950年代)
リアルすぎて剥製かと思ったわい。被ったら動物人間確定な動物たちのマスク
中に人が入っているなんて信じられれない!ナマケモノのかぶりものがあまりにもリアリティ
キャビンマン?頭が小屋で煙突から火を噴きだしながら歩く謎の人物が目撃される。その正体は?(イギリス)


Man wearing TV on head caught on camera leaving old TVs on Virginia front porches

頭部にブラウン管テレビを被った不審者、現れる

 事の起こりは8月11日の未明。バージニア州ヘンライコ郡ハンプシャー地区の住宅地域に、ひとりの不審者が現れた。

 その男は、頭にブラウン管テレビを被っており、手には同じく旧型テレビを抱えている。そして、民家の軒先や前庭の芝生に屈みこんでテレビを置くと、その場を立ち去った。

 複数の住宅では監視カメラがこの男の映像を捉えており、住民のひとりが公開した映像によると、なるほどジャンプスーツ姿の男が思いっきり不審行為を働いている。

TV 2_e


住民ら、旧型テレビのギフトに困惑


 朝、目覚めてテレビを目にした住民らは、困惑。後のメディアでこのように感想を漏らした。

・監視カメラを見て、ただテレビを置いて去って行った男の姿をなんとも奇妙に感じた。

・ウチには13インチの旧型テレビが置かれていたよ。TVサンタクロースにでもなっているつもりだったんじゃないかな。

・まず、思ったのが「注文したっけ?」ってことだった。それにしてはAmazonの箱にも入ってないし…と困惑したよ。

・庭に放置されていたテレビを見た時、一瞬息子が大学準備に要るものを庭に集めているのかと思ってしまった。

・これだけの数のテレビを近隣あちこちに置いて回るなんてことは手間がかかるし大変だよ。

・犯人は、学生のような若者じゃないかな。きっと新学期が始まって退屈してるから、イタズラでも仕掛けてやろうと思ったんじゃない?

・夏も終わりだし、TV男は何かちょっと生活にユーモアを加えたかったのではないかと思うね。


TV5_e

警察、60台近くのテレビを回収


 ほとんどの住民らは、この珍事を深刻には受け止めておらず、「誰かのイタズラ」でバカバカしい行為だと思ったようだ。

 しかし、日曜の朝から通報を受けて駆け付けたヘンライコ郡警察は、地域に放置された60台近くにもなるブラウン管テレビの回収に一軒一軒回る作業を強いられ、大迷惑な様子だったという。

TV6_e


迷惑行為に他なりません。犯人は、私有地へのポイ捨てや違法投棄の罪に問われる可能性があります。

 このように述べる警察では、複数犯の可能性も視野にいれていることを明かしている。

2018年の夏にも同様の珍事が発生

 実は、去年8月にもヘンライコ郡の別の地域で、同じ事案が発生していた。

 今のところ、去年と今年の犯人が同一人物であるか否かは不明だ。また、ブラウン管テレビを被った頭の中で、男がどのような思いで民家の軒先にテレビを置く行為をしたのかということについても、依然謎のままだ。

References:6abc.comなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278224.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

母親にスマホを没収された少女、ゲーム機を経てついにはスマート冷蔵庫からツイート!?(アメリカ)
無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ)
アーノルド・シュワルツェネッガーの肉体美とその歴史
稼業として冷酷に任務をこなす。世界に実在した名だたる殺し屋たちに関する事実(後編)
幸せが絶頂に達したその瞬間...キスした直後、橋から落下したカップルの悲劇(ペルー)

―知るの紹介記事―

日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
アメリカアイス事変。今度はホットドッグ味のアイスクリームが爆誕!
アルミ缶とペットボトル、どちらが環境に悪いの?
母親にスマホを没収された少女、ゲーム機を経てついにはスマート冷蔵庫からツイート!?(アメリカ)
思いがけない偶然の出会いから、永遠の親友同士になった地質学者と子猫の物語(アメリカ)
頭にブラウン管テレビを被った男が、民家の軒先に旧型テレビを次々と置いていく不可解な事案が発生(アメリカ)