前田美里

146センチのミニマムボディにキュートな童顔という反則的組み合わせのグラビアイドル・前田美里ちゃんが、最新イメージDVD『天使のトキメキ♡』(アイドルワン)を発売。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■7枚目にして初めてのナース服

前田美里

7枚目となる今作は、5月にタイで撮影されたもの。

タイでの撮影は今回で2回目。「慣れた場所での撮影だったので、今回はお財布を落とすだとか、何も事件が起こることなく無事に終えることができました(笑)」とコメント

また、自らの役どころについて「今回私は訪問看護師の役だったんですけど、こういう役は初めてでした。7作目にして初めてナース服を着ることができたので、それが個人的に嬉しくて、撮影も楽しかったです」と語った。

関連記事:心霊アイドル・りゅうあ 攻めた初作品は「手ブラ・髪ブラ・泡ブラ」に挑戦

■泡ブラは「手ブラとは違う恥ずかしさ」

前田美里

そんな本作の見どころを聞くと「なんといっても泡ブラは今回が初めて。やっぱり恥ずかしさはありましたね、手ブラとはまた違う恥ずかしさが」と、今作で初めて泡ブラに挑戦したことを明かした。

ほかにも「個人的に好きなのが制服のシーン。これまでにも何作か制服を着させてもらっているので、それがやっぱり嬉しかったですね。(年齢的に)まだギリギリいけるかなって…思っていたいです(笑)。いくつになっても着れたらいいな」と制服への想いを語った。

■ちょっと大人のダンスシーンにも挑戦

前田美里

今作で初めて挑戦するのは泡ブラだけではないそうで、「自分なりに大人っぽくなったなって思うのは、金色の衣装でダンスをするシーンがあるんですよ。DVDの中ダンスを踊るシーンは初めてで、ここは結構大人っぽくなってるかなって」。

ダンス自体はアイドルグループSnowDrops」時代にもしていたそうだが「アイドルっぽいダンスはあったんですけど、今回のようにムーディーで大人っぽいダンスは初めてです」とのことだ。

■かわいさが勝ってエロさを感じない?

前田美里

童顔で低身長の美里ちゃんにはある悩みが。「毎回あんまりエロさを感じないって言われるんですよ、『可愛さが勝っちゃってる』みたいなことをレビューでも言われるので、かわいさを残しつつ少し大人の色気も出していけたらなと思ってます」と、セクシーさよりもかわいさが前に出てしまうのだそう。

今後は自分への課題として「大人っぽい自分もあんまり観たことがないので、大人っぽくなるとどうなるのかも気になるんですけど、自分自身、どこまでかわいさを追求できるかっていうのも気になるので、極限までかわいさを追求していきたい」と、さらなる可愛さ磨きに取り組んでいくようだ。

【前田美里(まえだ・みさと)】

1996年2月13日生まれ/T146・B78・W58・H83/趣味:一眼レフ撮影、アイドル鑑賞/特技:コルネットが吹けること

・合わせて読みたい→鈴原りこ、「ポロリシーンはあった」と赤面しつつ告白 問われた肝心のシーンの答えは…

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま 3)

グラドル前田美里が初めての泡ブラに挑戦 「手ブラとはまた違う恥ずかしさが…」