人間誰しも体臭はあるものの。ですが、8月になって気温が上がると、他人を不愉快にさせてしまうほどのニオイを発してしまう場合もあります。

ビジネスマン
※画像はイメージです(以下同じ)
 そんな残念な季節に、若手サラリーマンたちが、職場でのスメハラ(スメルハラスメント=ニオイ被害)に悩んでいるとの声をキャッチ。今回は、出版社と、広告代理店に勤務する2人の若手サラリーマンにそれぞれの悩み話を聞きました。

ケアしてるつもりが…香水つけすぎ部長

 ニオイケアをしたつもりが、かえって「全てが台なしになってしまっている」という残念な部長。都内の出版社に勤務する、花山武志さん(仮名・29歳)は、その上司のスメハラに悩んでいるというのです。

「もともと外資系のハイブランドなアパレルで働いていた人だから、ファッションセンスが良くて、アラフィフなのにかっこいいんです。ただ、加齢臭を気にしすぎていて、つけているシャネルの香水(アリュールオム)が半端ない量でキツいんです。いい香りなのに、もったいないですよね」

「アリュールオム」といえば、大人の男性に似合うスパイシーな香りで、有名人でも愛用者が多い逸品。とはいえ、香りが強いので、つけ過ぎると確かに危険そうです。

「部長が通った廊下は、そのニオイが充満していて、どこをどう歩いたのか明確に分かるほどです。逆に、部長と遭遇したくないときは、ニオイのしないほうへ行けばいいので、分かりやすいという声もありますが(笑)

本人がいない隙に消臭スプレー散布

ニオイ

「部長には秘書がいて、隣の席に座っていますが、部長がいない隙をついて、消臭スプレーを振りまくっていますよ(笑)。でも、僕も今年30歳になるので、そろそろ気にしないといけない年齢ですよね。香水で誤魔化すことだけはやめようと思いますが」

 確かにアラサー以上の男性にとっては、明日は我が身かもしれません。これからの季節のスメル対策は必須。デオドラントシートで拭くだけではなく、歯もこまめに磨いて口臭予防もしっかりと、そして仕上げに香水をつけるのなら一振りのみで、かすかに香る程度を意識しましょう。

憧れの存在なのに…口臭が半端ない上司

 続いては、広告代理店に勤務する、川北雄二さん(仮名・27歳)。彼も毎日、直属の上司のスメハラを受けているそうです。

「直上の課長Bさん(40歳)は成績も優秀で、部署異動で同じチームになる前から憧れの存在でした。でも、一緒にミーティングする機会が増えてから、異常なまでの口臭のキツさに気づいたんです」

 課長は、白のパンツが似合う意識高い系イケメン上司とのことですが、口臭が強烈。また日によって、口から香ってくるニオイも異なるようです。

「いつも臭いんですが、特に朝はプラスで酒臭かったり、ニンニク臭かったりと前日の行動がバレバレなんですよね(笑)ランチの後はカレー臭かったり、コーヒー臭かったり……でも、基本的にどんなニオイと混ざってもめちゃくちゃ臭いんです」

もはや同僚とネタにするしかない

スメハラ

 当然、同僚たちとの社内チャットでは、その上司の“今日の口臭”の話題でしばしば盛り上がっているとか。

「僕はチームリーダーなので、会議の時はいつもその上司の隣に座らなくてはなりません。毎日ツラい日々を送っていて、もはや同僚とネタにするくらいしかはけ口がないんです。物理的にすでに限界を超えているので、口臭ケアに効くハミガキでもプレゼントしようかと思っています(笑)

 プレゼントに口臭予防のハミガキをもらった上司がいったいどんな反応をするのか気になりますが、口臭については歯磨きだけではなく、体質や体調も関係あるので、本当に気になる方は、クリニックに相談してみるのも良いかもしれません。

 自分では分からなくても、まわりには臭ってしまうのが、スメハラというもの。くれぐれもお気を付けくださいませ。

― 特集・夏のスメハラ恐怖体験 ―

<取材・文/白戸ミフル イラストデザイア恵利(@desire_eri)>

【白戸ミフル】

合コンに累計2500回参加(今も記録更新中)した合コン漫画家。著書『合コン・アンド・ザ・シティ 恋活・婚活女子の合コンマニュアル』『乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』。Twitter:@takara0722