Image: Check Point Software Technologies, Ltd. - YouTube

いきなり使えなくなるよ…。

いまやコンピュータは当然のこと、スマホタブレットでも、ウイルス対策をして、さまざまなセキュリティ上の脅威に備える時代になってきました。でも、デジタルカメラまで、そういう危険に普通にさらされているって知ってました?

このほどCheck Point Software Technologiesは、キヤノンEOS 80Dを一例として、Wi-Fiネットワーク経由でマルウェアインストールし、勝手に一眼レフカメラ乗っ取ることもできてしまうことを実証。Def Con 2019にて発表を行ない、物議を醸しています。

EOS 80Dの隠し機能などをフル活用可能なMagic Lanternのファームウェアが用いられていますが、遠隔操作ユーザーの知らないうちにマルウェアインストールされてしまうと、SDカードに保存されている写真を暗号化でロック。パスコードを入力しない限り、カメラ全体の操作を完全にロックしてしまうことも可能で、ランサムウェアの被害に遭う危険性が警告されているんだとか。

すでにキヤノンは、EOS 80Dのファームウェアアップデートを提供し、画像転送プロトコル悪用した、問題のセキュリティホールをふさぐ対応はしていますが、ほかの機種でも同種の脆弱性を突かれてしまうリスクを指摘。

必要でないときは、むやみにデジタルカメラWi-Fiネットワークへつながないことで、ユーザー自衛策を講じることも呼びかけられているようです。まさに油断のならない時代になりましたよね~。

Source: Check Point Software Technologies