開幕戦セルタ戦で相手MFスアレスアキレス腱を踏みつけたモドリッチにレッドカード

 レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチは現地時間17日、リーガ・エスパニョーラ開幕節セルタ戦(3-1)に先発出場し、後半11分にスペイン人MFデニス・スアレスの足を踏みつけて一発退場となった。この判定を巡ってファンの間で「厳しい」「不当な退場」と不満が噴出している。

 試合は前半12分、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルアシストから元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めてレアルが先制。しかし後半11分、司令塔のモドリッチがピッチを去ることになる。

 タッチライン際で相手MFスアレスの突破に対応したモドリッチ。タックルを試みたが相手の足首を踏みつけてしまい、ビデオアシスタント・レフェリー(VAR)の介入により一発レッドカードで退場処分を受けた。数的不利となったレアルだが、ドイツ代表MFトニ・クロースとスペイン代表FWルーカスバスケスが追加点。終了間際に1点を返されるも3-1で逃げ切っている。

 モドリッチの退場処分はプロキャリア2回目で、2014年スーパーカップアトレチコ・マドリード戦以来。モドリッチが一発退場となったプレーについて様々な意見が上がっており、ロシア放送局「RT」は「ファンが衝撃を受けた」と報道。「モドリッチはタックルタイミングを間違え、スアレスアキレス腱にスタッドを当てて退場した」と記している。

 また英メディア「caughtoffside」は「判定が少し厳しい。足首は痛そうだが、無実のように見える」と言及。さらにSNS上のコメントを拾い、「これはレッドカードに値するのか?」「不当な退場。イエローが妥当?」「VARによってもたらされたレッドカードに驚くばかり」というファンの声を伝えた。

 もっともスペインサッカー連盟は今季、後方からのアキレス腱への危険なタックルレッドカードを提示すると通達しており、モドリッチのプレーは新ルールに該当したもの。その点において妥当な判定と言えるが、ファンの不満は収まっていないようだ。(Football ZONE web編集部)

開幕戦で一発退場となったレアルFWモドリッチ【写真:Getty Images】