ユヴェントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンは今夏の移籍市場で同クラブを退団するようだ。19日にイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ユヴェントスは今夏の移籍市場で複数のMF選手らを獲得したため、構想外となされた選手が続出。新たにクラブの指揮を執ることとなったマウリツィオ・サッリ監督はチーム構想の大幅な見直しに取り組んでいるという。

 同監督はジャンの頻繁な起用は考えていないとのことで、売却に応じるようだ。バイエルンパリ・サンジェルマンが同選手の獲得に関心を示しており、市場閉幕まで残された時間で交渉成立に向けて動くと伝えられている。

ジャンはユヴェントスにて構想外となるようだ [写真]=Getty Images