ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

日本製バイクをたたき割る

韓国で日本製品の不買運動が続く中、今度は日本のバイクがターゲットとなった。

韓国内二輪車(バイク)の輸入業者が日本のバイクの輸入拒否を宣言し、不買運動に賛同した。

33もの二輪車の輸入業者が集まった韓国の輸入二輪車環境協会は19日13時、ソウル退渓路5街で、安倍政府の経済報復糾弾大会を開いた。

協会は当初、日本の二輪車(バイク)を集め燃やす火あぶりの刑を進行する計画だったが、中部警察署と消防署が許可を出さなかったため破壊パフォーマンスに変更した。

大会では協会の会長や輸入業者の代表ら10人余りが日本ブランドの輸入拒否と販売中止を宣言。ホンダ、ヤマハなどのバイク4台を金槌、鉄棒などで叩き割った。パフォーマンスに使用されたバイク4台のうち3台は新品で、約1400万~1500万ウォン相当になるという。

会長は「国内の二輪車市場は、大林と暁星(現KRモーターズ)など二大韓国企業が年間60万台を生産、販売し伝統的に市場を維持していた。今は日本のホンダ、ヤマハなど日本企業のブランドが韓国市場の80%~90%を占めており、大林と暁星は存廃の危機に陥っている」と述べた。

ただ輸入業者が市場の8割以上を占める日本のバイクを不買した場合、自分で自分の首を絞めることになるではないだろうか?

日本製バイクをたたき割る

日本製バイクをたたき割る