レスター・シティイングランド人MFジェームズ・マディソンが18日のチェルシー戦後にチェルシーファンとして知られるイギリス人司会者のジェレミー・クラークソンSNS上で舌戦を繰り広げた。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。

共に今シーズンリーグ戦初勝利を目指すレスターチェルシーは、18日にスタンフォードブリッジで行われたプレミアリーグ第2節で対戦し、1-1で引き分けている。

同試合でレスターカウンターアタックを牽引し、MFウィルフリード・エンディディの同点ゴールアシストしたマディソンは、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。その一方で、少なくとも3度のビッグチャンスを逃していた。

これを受けてチェルシーファンとして知られるイギリスの人気テレビ司会者のクラークソンは同試合後、自身の公式ツイッター(@JeremyClarkson)で、「ジェームズ・マディソン。あいつは理髪店(美容院)に居る時間が長すぎる。それで十分に練習する時間がないんじゃないか」と、サイドをツーブロックにし、トップ部分をオールバックにしているマディソンがヘアースタイルを気にし過ぎてプレーに身が入っていないのではないかとの、全く根拠のない指摘を行い、同選手を揶揄した。

この不愉快な指摘を後に知ったマディソンは同じく自身の公式ツイッター(@Madders10)でクラークソンに痛烈な反撃をかました。

59歳という年齢もあって全体的に髪のボリュームが少なくなっているクラークソンに対して、「カーズメート(自動車関連に精通するクラークソンを指す)は(髪に)固執しているな。あんたの薄くなった髪の数は片手で数えられるよ」と、髪の話題を持ち出して反撃した。

なお、マディソンのこの痛烈な投稿には11万を超える「いいね」が押されるなど、クラークソンの見当違いの指摘に対する反論に好意的な反応が目立っている。

サムネイル画像