多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社アクティバリューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳適)は、多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」を、株式会社D2C X(本社:東京都千代田区、代表取締役 萩原良)が運営する、業界最大規模の訪日観光メディア「tsunagu Japan」に導入いたしました。メディアに対する「talkappi」の導入としては、2018年12月に導入した沖縄の観光メディア「Okinawa Holiday Hackers」に続く事例となります。
■talkappi(トーカッピ)について

2017年12月リリースした「talkappi」は、AI による多言語での問合せへの自動応答、マーケティング支援などの機能を備えたチャットボットです。旅行者が普段ご利用のスマートフォンから、Webブラウザーに加えてLINEFacebook messenger、WeChatといった国内外のメッセージアプリでも使うことができるため、ユーザーとの接点を旅マエ~旅アトにわたり維持できる強みがあります。日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーできます。ホテルの「Hotel Village」、「グランドニッコー東京 台場」、地域DMOの「草津温泉観光協会」、自治体の「高知市」、旅行会社の「沖縄ツーリスト」、不動産会社の「株式会社アットイン」などで既に導入されており、問合せへの自動応答率が高いということで好評をいただいています。
URLhttps://talkappi.com/


■tsunagu Japan

「tsunagu Japan」は、月間150万UU・400万PV以上を誇り、多言語で日本の観光情報を発信する訪日観光メディア。英語、繁体字、簡体字タイ語韓国語ベトナム語の6言語で情報発信。日本語での配信を行っていないため、訪日関心層の外国人のみがアクセス。特に繁体字圏では圧倒的な認知と強さを誇り、アクセス全体の5割を占めています。「talkappi」の導入により、「tsunagu Japan」において、旅行者による多言語の質問に対して、数多くの記事から最適な記事をピックアップして提示することができます。関心のある記事が提示できることで、ユーザーサイト内の回遊時間を増やし、PV数のさらなる増加に貢献することができます。
https://www.tsunagujapan.com/

■今後について
アクティバリューズは、多言語コミュニケーションツールを提供することで、インバウンド誘致に取り組む自治体、宿泊施設、観光リゾートなどのサービス提供施設とともに、インバウンド誘致による地域活性化に貢献していきたいと考えています。
当社は、「talkappi」 の普及により、AIの社会実装を実現することを通じて、言葉の壁を乗り越え、外国人のお客様が日本の優れた多様なサービスを安心して体験できるよう、今後も取り組んでいきます。


【会社概要】
株式会社D2C X (読み:ディーツーシー クロス)
代表者:萩原良
本社住所:東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル
所在地:東京都千代田区永田町2-10-1 永田町山王森ビル4階
事業内容:海外向けインターネットメディアの運営、海外向けマーケティングのコンサルティング、海外向けプロモーション業務
URLhttps://www.d2cx.co.jp

株式会社アクティバリューズ
所在地:東京都渋谷区代々木1-30-14 代々木ANNEX
代表者:陳 適
事業活動:多言語コミュニケーションソリューション提供、アプリウェブサービスの開発・運営、人口知能技術活用の支援・サポート
URLhttps://activalues.com

本件に関するお問い合わせ:
株式会社アクティバリューズ
カスタマーサクセス担当: 牧野・大内
E-mailinfo@activalues.com

配信元企業:株式会社アクティバリューズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ