西武山川は復調3本塁打

 各チームの残り試合は30試合前後になった。いよいよ終盤に差し掛かった。21週目のパ・リーグを見ていこう。

パ・リーグ8/18時点での順位表】

1.ソフトバンク 113試62勝47敗4分 率.569 差--
2.西武 110試57勝52敗1分 率.523 差5.0
3.楽天 111試54勝53敗4分 率.505 差7.0
4.日本ハム 112試53勝54敗5分 率.495 差8.0
5.ロッテ 112試53勝56敗3分 率.486 差9.0
6.オリックス 112試51勝56敗5分 率.477 差10.0

パ・リーグ第21週(8/12-8/18)の順位表】

1.ソフトバンク 6試4勝2敗0分 率.667
1.西武 6試4勝2敗0分 率.667
3.オリックス 7試4勝3敗0分 率.571
4.ロッテ 7試3勝4敗0分 率.429
5.楽天 6試2勝3敗1分 率.400
6.日本ハム 6試1勝4敗1分 率.200

 ソフトバンクが盛り返し、西武が追撃する。日本ハムは負けが込んで脱落の危機。オリックスロッテは休みなしの7連戦。

【打者5傑】

○安打
1.ロメロ(オ)14
2.吉田正尚(オ)12
3.秋山翔吾(西)11
4.渡辺諒(日)10
4.荻野貴司(ロ)10

本塁打
1.ロメロ(オ)4
2.山川穂高(西)3
2.デスパイネ(ソ)3
4.荻野貴司(ロ)2
4.外崎修汰(西)2
4.中村剛也(西)2
4.グラシアル(ソ)2
4.マーティン(ロ)2

○打点
1.ロメロ(オ)11
2.中村剛也(西)10
3.山川穂高(西)9
4.デスパイネ(ソ)8
4.外崎修汰(西)8

○盗塁
1.福田周平(オ)2
1.牧原大成(ソ)2
1.周東佑京(ソ)2
1.安達了一(オ)2
  1盗塁9人

○打率 規定打席以上
1.ロメロ(オ).500
2.渡辺諒(日).476
3.吉田正尚(オ).414
4.中村剛也(西).409
5.外崎修汰(西).391

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1.ロメロ(オ)11.46
2.外崎修汰(西)7.29
3.中村剛也(西)6.97
4.吉田正尚(オ)6.60
5.森友哉(西)6.57

 オリックスロメロが週間14安打4発11打点、打率.500の大暴れ。西武は山川が復調し3本塁打マークした。

オリックス竹安が完封勝利 オリックス増井、ホークス嘉弥真が4ホール

【投手5傑】

○勝利数
1.K-鈴木(オ)1
1.竹安大知(オ)1
1.武田翔太(ソ)1
1.高橋光成(西)1
1.アルバース(オ)1
1.有原航平(日)1
1.高橋礼(ソ)1
1.ニール(西)1
1.小島和哉(ロ)1
1.佐野泰雄(西)1
1.佐々木千隼(ロ)1
1.和田毅(ソ)1
1.張奕(オ)1
1.小川龍也(西)1
1.高橋純平(ソ)1
1.ブセニッツ(楽)1
1.東妻勇輔(ロ)1
1.ハーマン(楽)1

セーブ
1.ディクソン(オ)2
1.森唯斗(ソ)2
3.モイネロ(ソ)1
3.増田達至(西)1

ホールド数
1.増井浩俊(オ)4
1.嘉弥真新也(ソ)4
3.松井裕樹(楽)3
4.玉井大翔(日)2
4.高橋純平(ソ)2
4.ブセニッツ(楽)2
4.松田遼馬(ソ)2
4.近藤大亮(オ)2
4.宮西尚生(日)2
4.甲斐野央(ソ)2
4.東條大樹(ロ)2
4.松永昂大(ロ)2

奪三振
1.K-鈴木(オ)10
1.西野勇士(ロ)10
3.岸孝之(楽)9
4.アルバース(オ)7
4.笠谷俊介(ソ)7
4.高梨雄平(楽)7

防御率 (規定投球回数以上)
1.竹安大知(オ)0.00
1.アルバース(オ)0.00
1.高橋礼(ソ)0.00
1.村田透(日)0.00
5.有原航平(日)1.29

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回÷9で算出 リーグ防御率は4.59と大幅下落。

1.竹安大知(オ)4.59
2.アルバース(オ)3.57
3.高橋礼(ソ)3.40
4.村田透(日)3.06
5.K-鈴木(オ)2.78

 オリックス竹安が完封勝利。同じくアルバースが7回零封。救援ではオリックス増井とソフトバンク嘉弥真が4ホールドをマークした。(広尾晃 / Koh Hiroo)

オリックスのステフェン・ロメロ【写真:荒川祐史】