【元記事をASCII.jpで読む】

 ケンコー・トキナーは8月16日、世界で最も広角な単焦点レンズをうたうフルサイズ用交換レンズ「XP 10mm F3.5」の取扱を発表。8月23日に発売する。

 韓国SAMYANG製の交換レンズで、キヤノンEFマウントに対応。焦点距離は10mm、明るさはF3.5~F22。画角は35mmフルサイズ130度、APS-Cフォーマットでは104度となる。

 レンズ構成は11群18枚。非球面レンズ3枚、低分散レンズ3枚、高屈折レンズ1枚の特殊レンズを使用することで色収差やフレア、湾曲などさまざまな光学収差を抑えている。同社オンラインショップでの販売価格は13万7700円。

超広角単焦点レンズ「XP 10mm F3.5」、ケンコー・トキナーから発売