この数年でサッカー業界が大きな進歩を遂げているアメリカトップディビジョンであるMLSに加えて、独立リーグも拡大を続けている。

昇降格制度が存在しないものの2部扱いとなっているUSLは今年36チームで争われており、多くの観客数を集めるようになった。

各国から多くの選手がやってくるリーグとなっており、レベルも向上。先週行われたエル・パソ・ロコモティヴ対タコマ・デフィアンスの前半32分に決まったこのゴールも素晴らしかった。

サイドからスペイン人MFジュマのクロスが入ると、ファーポストでFWエドソン・パルティダがバイシクルシュート!体勢としてはほぼ真後ろから来たボールを合わせる形になったが、ゴール右隅の素晴らしいコースに決めてみせた。

エドソン・パルティダは21歳のメキシコストライカーで、今季トルーカからローンで加入したばかり。今季13試合の出場で4ゴールを決めている選手だ。

イブラ顔負け!鮮やかすぎる「背面バイシクル」がこれ