全日本柔道連盟(東京都文京区)は「PARK24 GROUP presents 2019世界柔道選手権東京大会」の開催を記念して、8月16日からJR山手線の車内を総勢2000人以上の柔道家でジャックした「黒帯の一本道でつなぐ!2019世界柔道トレイン」の運行を始めた。

1車両の中に2019人の柔道家が登場する重量級の広告で、「真夏の東京をさらに熱く」するとしている。

2019名の柔道家でJR山手線をジャック

同連盟は2019年の世界柔道のプロモーションの一環として、今年2月から世界中の柔道家から柔道着を着用した立ち姿の写真を公募して1本に繋げ、世界一長いポスターを制作してギネス世界記録に挑戦する「JUDO IPPON PROJECT」を展開している。

今回、この応募写真の中から2019枚を選定し、JR山手線ジャックする交通広告を企画した。

柔道の父・嘉納治五郎や1964年東京オリンピック無差別級の覇者アントン・ヘーシンク等のレジェンド、今大会の柔道日本代表全23選手をはじめ、世界中から集まった柔道家が大集結する。

出典元:全日本柔道連盟プレスリリース/トレインジャックモニター映像

出典元:全日本柔道連盟プレスリリーストレインジャックモニター映像

告知ムービーも公開

広告と併せて、歴史的な柔道の名場面を散りばめた大会告知ムービーを公式サイトで公開した。

動画後半には黒帯の一本道が登場。世代を超えて受け継がれる柔道の精神を「その道は一本」という言葉で表現している。

出典元:全日本柔道連盟プレスリリース

出典元:全日本柔道連盟プレスリリースプレスリリース

日本で世界柔道が開催されるのは2010年以来9年ぶり。東京オリンピックへの重要な試金石となる大会で、各国の選手がプライドをかけた戦いを繰り広げる。

【黒帯の一本道でつなぐ!2019世界柔道トレイン
・期間:2019年8月16日(金)~8月31日(土)
・場所:JR東日本 山手線 一編成(全11車両)の車内

PARK24 GROUP presents 2019世界柔道選手権東京大会】
・主催:国際柔道連盟
・主管:公益財団法人全日本柔道連盟
・日時:2019年8月25日(日)~9月1日(日)
・場所:日本武道館東京都千代田区北の丸公園2-3)

2019人の柔道家が山手線をジャック!