反社会的勢力との闇営業問題で謹慎処分を受けていた吉本興業所属のお笑いコンビスリムクラブの真栄田賢と内間政成が19日、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われた「夏休み大ネタ祭 16時の部」に出演し、復帰した。

温かい拍手や「お帰り」という声をかけられた2人は、「すいませんでした」と頭を下げて謝罪。真栄田が「今日で謹慎が解けまして、またよろしくお願いします」とあいさつすると、内間も「お願いします」と続けた。

そして、真栄田は「最初はパニックになりまして」と騒動を振り返った後、客席を見渡して「思ったよりもお客さんが少なかった。空席も目立つということで」と自虐トークで笑いを誘った。

内間は一部で離婚危機が報じられたが、真栄田から聞かれると「しないです」と離婚を否定。「でも嫁さんが実家に帰ったのは本当。怒らせました。僕が嫁さんのこんにゃくゼリーを食べてしまって…」と打ち明けた。

謹慎中に老人ホームを訪れたそうで、真栄田は「カラオケを歌ったら俺の前のじいちゃんが耳をふさいでいました」とエピソードを披露。内間は、クマムシと間違われて「あったかいんだからぁ」をやってほしいとリクエストされたという。

また、「いろんな人に助けられ感謝です」としみじみと語り、先輩芸人らから連絡をもらったり、差し入れをもらったりしたと感謝。観客やスタッフにも感謝し、さらに、真栄田に促される形で内間が報道陣の前まで来て「これからもよろしくお願いします」とあいさつした。

吉本興業は今月9日、反社会的勢力との闇営業問題で謹慎処分中の所属芸人11人について、19日をもって謹慎処分を解除すると発表。この日は「夏休み大ネタ祭 12時の部」で2700が最初に復帰し、続く「14時の部」でくまだまさしが復帰、そして、「16時の部」でスリムクラブが復帰した。

画像提供:マイナビニュース