doda(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は8月19日、転職成功者の年齢調査(2019年上半期)の結果を発表した。同調査は、2007年7月~2019年6月に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約20万人のデータをもとに算出したもの。

2019年上半期に転職した人の平均年齢は31.7歳で、前回調査(2018年下半期)から横ばい。男女別にみると、男性は前回比0.2歳上昇の32.6歳、女性は同横ばいの29.8歳となった。

年齢の内訳を調べると、「25~29歳」(39.6%)が最も多く、次いで「30~34歳」が23.1%、「40歳以上」が14.4%との順に。前回と比べると、「30~34歳」(前回比1.2ポイント減)「35~39歳」(同0.4ポイント減)の割合が減った一方、「24歳以下」(同0.3ポイント増)「25~29歳」(同0.7ポイント増)「40歳以上」(同0.6ポイント増)の割合が増え、転職者の数で比較しても増加した。

職種別の平均年齢をみると、前回に続いて「企画・管理系」が最も高く35.0歳。次は「専門職系」の34.4歳で、2007年以降で「技術系(建築/土木)」(33.4歳)の平均年齢を初めて上回った。

職種別に年齢の内訳をみた場合、20代以下の割合が半数を超えたのは「営業系」「販売/サービス系」の2職種で、特に「営業系」は前回比1.9ポイント増の61.5%に上った。また、前回調査では20代以下と30代で12.8ポイントの差があった「企画・管理系」(20代39.3%、30代41.0%)は、1.7ポイント差まで縮まったことがわかった。
(御木本千春)

画像提供:マイナビニュース