モデルプレス=2019/08/19】俳優の中井貴一が19日、都内で行われた映画「記憶にございません!」(9月13日公開)のレッドカーペットイベントに、出演のディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄佐藤浩市斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、メガホンをとった三谷幸喜監督と出席した。

【さらに写真を見る】ディーン・フジオカら「記憶にございません!」キャスト豪華集結

同作は、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介(中井)が、記憶喪失になり、金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向かい合うことになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始めるという政界コメディである。

中井貴一、“所信表明演説”で主演映画アピール

レッドカーペットが敷かれた六本木の大階段にラインナップしたキャストと監督の面々。まるで組閣時に行われる記念撮影のような雰囲気でフォトセッションに応じ、多くのフラッシュを浴びた。

また、キャストスタッフを代表して、中井が演じた内閣総理大臣さながらに“所信表明演説”を披露。演説台の後ろに立ち、三谷監督草案の台本を手にした中井は「所信表明演説をしろと言われまして、ここに台本がございます。しかし、私も老眼が始まりまして、字が小さすぎて読めない!」と声を荒らげて笑いを誘った。

さらに「私は、国民の皆さんに問いたい。なぜ国民は映画館に足を運ぶのでしょうか。それはもちろん映画館でしか味わえない大きなスクリーン、そして暗い空間で飲むジュースポップコーン、そういう楽しみもあるでしょう」と演説。「でも1番大切なことは、映画館という1つの大きなスクリーンに向かって、何百人という人がその1つの作品を見るという、この醍醐味にあると思います」とコメントした。

中井貴一「努力をして参る所存」

続けて、「我々が今回作りました『記憶にございません!』は、コメディでございます。コメディというのはお客様に笑っていただいて、初めて完成するものだと、かの偉大な監督であった三谷幸喜…あっ、ごめんなさい(笑)」と三谷監督の顔を見て笑った中井。

「まだ、ここにおりました。三谷幸喜は言っております。ぜひ皆様の笑いによって、この映画を完成させていただきたいと思います。我々出演者は、9月13日の公開に向けまして、多くの皆さまの目と笑いで、この映画を完成していただけるように、努力をして参る所存でございます。ぜひお力添えをいただきたく思います」と訴え、多くの拍手を浴びた。(modelpress編集部)


Not Sponsored 記事】

(左から)中井貴一、ディーン・フジオカ(C)モデルプレス