成田空港では、今夏から全てのターミナルに順次、自動手荷物預け機が本格導入されることにあわせて、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を利用したセルフサービス型の搭乗手続き『Smart Check-in』をスタートいたします。

  • 自動手荷物預け機の導入
 自動手荷物預け機については、第1ターミナル北ウィングにおいて実証実験を行い、運用検証を行って参りましたが、お客様の待ち時間短縮、チェックインカウンター周辺の混雑緩和など導入効果が大きいと期待されることから、第1ターミナル南ウィングを皮切りに、来年の東京2020オリンピックパラリンピック競技大会までに、全ターミナルに合計72台を本格導入いたします。
※『Smart Check-in』ゾーンに設置される自動手荷物預け機(イメージ)
 自動手荷物預け機の本格導入に伴い、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を集中的に配置するエリアを『Smart Check-in』ゾーンと位置づけ、案内表示のリニューアルを行うことにより、お客様動線の円滑化も図るとともに、航空会社の限られた人的リソース最適化も促進したいと考えております。
 成田空港では、 『Smart Check-in』を利用できる航空会社を今後拡大していき、お客様の手続き時間・待ち時間を短縮することで、お客様の多様なニーズに対応して、シームレス、ストレスフリーな移動の実現を図って参ります。
■ターミナル別『Smart Check-in』エリア

配信元企業:成田国際空港株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ