株式会社セレクトタイプ(所在地: 東京都豊島区)より、同社が提供する予約システムイベント管理システムホームページ作成サービス「SELECTTYPE(セレクトタイプ)」(https://select-type.com/) の予約システムにて、ご希望の言語テキストを5言語までオリジナルで設定して頂ける「多言語設定機能」の提供を開始しました。
SELECTTYPEの予約システムは業種や業態を問わず様々な予約管理をサポートするWEBサービスです。
今回のリリースにより予約画面の表示内容からお客様に通知されるメールの内容までご希望の言語テキストで設定することができるようになりました。この機能により、海外からの外国人観光客に対応した予約フォームの提供が可能になります。
SELECTTYPEを導入しているユーザー様からも「海外のお客様からの予約も受付したい」といった要望が多く寄せられていましたので、そのお声に応える形でまずは予約システムから多言語機能の提供を開始致しました。

URLhttps://select-type.com/reserve3.php

予約システム「多言語設定機能」について
(1).言語切替時に表示する内容は全てオリジナルで設定可能
SELECTTYPEの多言語機能は自動で翻訳されるタイプの機能ではなく、ご希望の言語で予約画面の表示内容からお客様に通知されるメールまで自由に設定する事が可能です。
細かい言い回しも自由に設定が可能ですので、ご自身のサービスにあわせた内容で予約受付が可能です。

(2).無料プランから設定のお試しが可能
多言語設定機能はプレミアムプランからお客様が使用する予約フォームに提供することができますが、
無料プランでも言語別テキストの設定をして、プレビューモードから設定内容の確認が可能です。
そのため有料プランに契約してからでないと設定が試せない、確認できないといったことはございません。
無料プランで多言語対応の準備を整えて、運用可能な状態になってから有料プランに切り替えることでコストを抑えることが出来ます。

(3).指定した言語で初期表示する予約フォー取得可能
予約フォームの表示は日本語デフォルトで表示されますが、
指定した言語で最初から表示される予約フォームのURLを入手する事もできます。
例えば英語で言語設定をした場合、最初から英語で表示された予約フォームのURLを取得できますので、
英語対応ページから予約を受付するときは英語で初期表示する予約フォームのURLを設置するといった使い方ができるようになります。

予約システム「多言語設定機能」の使い方
SELECTTYPEの多言語設定機能は、予約画面や通知メールの内容をご提供サービスの内容に合わせたオリジナルの言語別テキストで設定可能な機能です。
以下は多言語設定機能を導入するための設定の流れをご紹介したケーススタディページになります。
ぜひご覧ください!

【多言語機能の導入方法】
https://select-type.com/blog/case-study/how-to-introduce-mmulti-language-function/

●無料アカウントによる機能お試しのお薦め
SELECTTYPEでは無料アカウントを期間無制限でお試しいただけます。
今回ご紹介しました機能も無料アカウントでお試しいただけますので、ぜひお試しください。
https://select-type.com/reg/

無料アカウントでのお試し中にも、ご不明点が出てまいりました
お気軽にこちらのメールフォームへお問合せください。
サポート担当者より逐次ご案内を差し上げます。
https://select-type.com/mform/

予約システムケーススタディ
SELECTTYPEでは予約システムを導入して頂く方のために、予約システムの使い方をまとめたケーススタディをご用意しています。
業種別にその業種にあった設定をご紹介していますので、WEBサービスを利用した予約管理にご興味がある方は、是非、ご覧ください。
https://select-type.com/lp/rsvCaseStudy/

■会社概要
社名  株式会社セレクトタイプ
所在地 東京都豊島区南大塚3-36-7 南大塚T&Tビル5F
設立  2017年 4月
URL  https://select-type.com

■本件に関するお問い合わせ
株式会社セレクトタイプ サポート窓口
E-Mail: support@select-type.com

配信元企業:株式会社セレクトタイプ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ