有吉弘行

悪質なあおり運転の末、暴行。そのまま逃亡していた宮崎文夫容疑者が逮捕された。

この一連の騒動を受け、有吉弘行は同容疑者への嫌悪感を爆発。18日放送『有吉弘行SUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で厳しい意見を口にし続けた。

◼容疑者逮捕を受け…

同騒動について、「あおり運転の犯人、逮捕されましたね。本当に放送禁止用語を言いそうになった」と口汚く罵ってしまいそうだったと有吉は口を開く。

今回の事件発覚、逮捕にもドライブレコーダーが役立った点を指摘し、「ドライブレコーダーが普及する前は、あんな事件が頻繁にあったんだろうなぁって思うと、車に乗るの怖くなる」と心境を吐露。

「捕まってくれてよかった」と胸をなでおろし、見せしめではないと強調した上で「『こういうことをしたらこうなるんだ』っていうのを示してもらわないといけない」と持論を展開した。

関連記事:あおり運転で風俗店従業員の男が逮捕 「恐怖の1.5キロ」に悲鳴相次ぐ

◼動画では「クズ中のクズ」

逮捕前後で容疑者の私生活にも取材が殺到、近隣トラブルや飲食店での横柄な態度などが取り沙汰されている。

これに有吉は「近所の評判を信じるのは失礼。俺は本人を知らないわけだから。実際に会ったら俺にとっては良いヤツかもしれない」と推測。しかし、連日報じられてきた「あおり運転と暴行する姿」に触れ、「あの動画に関してはクズ中のクズ。許せない」と切り捨てる。

さらに「本当に酷い厳罰にあってほしい。もう執行猶予なんてついてほしくないぐらいのを」と、容疑者への厳しい処分を求めた。

◼リスナーの反応は?

あおり運転から恫喝しての暴行、さらに同乗していた50代女性は「携帯でその様子を撮影し続ける」など、見る者を不快にさせた動画で明らかとなった同騒動。リスナーからも有吉の主張に多くの意見が寄せられている。

■半数以上が「危険運転経験あり」

しらべぇ編集部で全国20~60代の普通免許を持っている男女1,077名を対象に調査したところ、全体では半数以上が「危険な運転をしていたと思うことがある」と回答している。

多発するあおり運転。道路上での揉め事は「命の危険」にすら繋がりうるが、思わず危険な運転をしてしまった人は少なくないようだ。逮捕された容疑者がどのような結末を迎えるのか、世間はその動向を見守っている。

・合わせて読みたい→「あおり運転男」大阪市内で身柄確保 逮捕時は警察官ともみあいに

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日2017年7月20日
対象:全国20代~60代の普通免許を所持している男女1,077名(有効回答数)

有吉、あおり男こと宮崎容疑者に激怒 「クズ中のクズ」と厳罰求める