メイン画像

午前7時現在、東京23区に活発な雨雲が発生しています。通勤時は雷を伴った激しい雨に要注意です。8時台、9時台と雨雲がかかり続ける予想です。

東京23区の全域に雷注意報 品川区や目黒区などに大雨注意報も

画像A

けさ(20日:火曜)は全国的に大気の状態が不安定ですが、東京都心も湿った空気の流れ込みが続き、いつ、どこで雨雲が発達してもおかしくない状況になっています。
午前6時前から23区内に活発な雨雲がかかり、局地的に雨脚が強まっています。このあと、午前8時台、9時台と雨雲がかかり続ける予想で、その雲の中には激しい雨を降らせるような活発な雨雲が含まれる見通しです。通勤の時間帯に重なるという方も多いと思います。地面から跳ね返る雨粒で足元が濡れてしまうかもしれません。また、傘を差していても衣服が濡れてしまうこともありそうです。衣服が濡れた状態でエアコンの効いた電車の中やバスの中など室内に入ると、体が予想以上に冷えてしまうため、体調を崩さないようにご注意下さい。大きめの傘にしたり、タオルやハンカチをいつもより多めに持ったり、お出かけの際は雨に対する備えをすると良いでしょう。足元や車の運転などに気を付けてお出かけ下さい。なお、朝の気温は25度を少し超えるくらいで極端な暑さはないものの、湿気が多く、ムシムシと感じられるでしょう。

東京23区に活発な雨雲発生 通勤時も注意