【調査レポートのサマリー
2019年8月発行

金属の3D印刷パーツの後処理は幅広いカテゴリーで、長い間、付加製造のワークフローにおいて最も時間がかかる部分であると考えられてきた。それはしばしば印刷プロセス自体よりも費用も時間もかかるもので、ある意味、金属による付加製造の特徴ともいえるものであった。米国調査会社スマーテックマーケッツパブリッシングSmarTech Markets Publishing)の調査レポート「金属付加製造(積層造形)の後処理の戦略的査定」は、一般的な後処理のステップに注目し、それによって何ができて何が課題であるかについて述べている。ワークフローにおいて留意すべき、あるいは注目されないコストについて述べている。多くのOEMサービスプロバイダ、特定のケーススタディ、現在進行中の研究について論じている。エンドツーエンドソリューションや自動化、データ最適化ソフトウェアソリューションなどの今後の動向について論じ、後処理に関する法規制の現状についても記載している。

Post-processing of metal 3D-printed parts is a broad category and has long been considered the most time-intensive part of the additive manufacturing workflow. It is often more expensive and time consuming than the printing process itself. It is, in one form or another, a given in metal additive manufacturing. There are various techniques that are used to improve the mechanical properties and appearance of parts, and these will vary widely between various printing technologies, equipment, and applications. But it is especially significant for serial production and highly critical applications. Ultimately, the workflow must be designed to meet all the requirements of the finished parts, both aesthetic and mechanical.

In this report, we look at the common post-processing steps, what they can achieve, and the challenges observed. We will discuss the relative cost considerations to keep in mind as well as costs that often go unaccounted for in the workflow. We will discuss many of the OEMs and service providers that are active in this space, as well as some specific case studies and research that has been recently conducted. And, often forgotten, we will discuss some of the critical considerations in the design stage that can greatly influence the post-processing stage in the overall workflow. We finish with a discussion on the future trends, to include end-to-end solutions and automation, data optimization, software solutions, and the current state of standards and regulations as they pertain to post-processing.


米国の調査会社スマーテックマーケッツパブリッシングSmarTech Markets Publishing)の調査レポートとサービスは、M2MやモノのインターネットIoT) 、オートメーション、ロボット工学、デジタル製造/3D印刷などの企業/団体の意思決定者に必須の情報を提供しています。




■ 調査レポート ■

金属付加製造(積層造形)の後処理の戦略的査定
Strategic Assessment of Post-Processing in Metal Additive Manufacturing
出版社:スマーテックマーケッツパブリッシング(米国)
出版年月:2019年8月
http://www.dri.co.jp/auto/report/smartech/smpamppm0819.html

◆米国市場調査会社 スマーテックマーケッツパブリッシングSmarTech Markets Publishing)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/smartech/index.html


株式会社データソースはスマーテックマーケッツパブリッシングの日本での正規販売代理店として、調査レポートの販売などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

スマーテックマーケッツパブリッシング 日本正規販売代理店

株式会社 データソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメールoffice@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

データソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html



配信元企業:株式会社データソース

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ