ポテトコロッケをのせたそば『コロッケそば』は有りなのか無しなのか」と時折り話題になる。柳家喬太郎師匠の「時そば」、枕のコロッケそばの一節は有名である。

 老舗のそば屋には、「コロッケそば」はまず存在しない。銀座の「よし田」にはあるが、それは鶏ひき肉の肉団子を揚げたもので、いわゆるポテトコロッケとは異なる。

 老舗店からは、まだ市民権を得ていないというところだ。

 お惣菜としてのポテトコロッケは、昭和2年創業の銀座3丁目の「チョウシ屋」が有名だ。コロッケ発祥の店としても取り上げられることも多い。

そもそも「コロッケそば」はいつ誕生した?

 そんなコロッケがそばに乗ったのはいつなのか。その発祥には諸説あるが、箱根そばだという話もある。昭和40年代、箱根そば下北沢店のオープン時にコロッケそばを初めて導入したとか。

 立ち食いそば屋などの大衆そば屋では、「コロッケそば」はほぼどこの店でもメニューにあり、人気商品となっている。

 ではなぜ、大衆そば屋でコロッケそばが人気になったのか。ある店主がいうには、立ち食いそば屋ではラードではなく植物油で揚げるから、胃もたれしないで、さっぱりと食べられるからだという。確かにラードで揚げる精肉店のコロッケは味も油もやや重い印象がある。それに比べ、立ち食いそば屋のコロッケはカラッと揚がっている。

 そんなコロッケは、通常、冷凍食品のコロッケを仕入れ、店で揚げて提供されることが多いのだが、中には自家製コロッケを提供している店がある。藤沢駅近くの「新月」と今回紹介する大宮駅近くの「つくば本店(駅前店)」である。

「つくば本店」は、JR大宮駅東口北側の階段を下りた正面のすずらん通りに入ったすぐの左にある店である。創業は1972年頃だという。自分も1980年に初訪している大変懐かしい店である。

 猛暑のお盆の時期に2年ぶりに訪問したのだが、店主の石渡さんはいつにもまして元気そうだ。

なぜ「自家製コロッケ」を選んだのか

 挨拶して早速、「コロッケそば」(380円)を注文した。カウンターだけの狭い店だが、お客さんがひっきりなしに入店してくる。

 麺ゆでの間、自家製コロッケの誕生秘話を聞くことができた。「はじめは、忙しくて精肉店で作ってもらって仕入れていたんです。ところが、ちょうど高度経済成長期だったので、どんどん値上がりして利益がゼロになってしまい、それなら自分達で作ろう」という流れで誕生したそうだ。そして、「同時にメンチも自家製にした」という。以前は和菓子も販売していたのだが、それも筑波から来た和菓子職人さんが作っていたそうで、「つくば本店」の自家製への心意気が感じられる。ちなみに、店名はその和菓子職人の住んでいた地名からいただいたそうだ。

 話を聞いているうちに、「コロッケそば」が着丼した。

 つゆはさっぱりとした返しとかつお節の出汁がほどよく香る上質なタイプである。昔からこの味は変わらない。そばは近隣の製麺所の茹麺であるが、角がしっかりとしたやや細いタイプで、まさに昭和の味である。そしてコロッケは、自家製だけにやや形がいびつだ。しかし、ひと口食べると、少しだけじゃがいものかけらを感じることができる。まるで家庭で作ったコロッケのようだ。少しずつコロッケをくずして食べ、そばをすする。

「この味がつくば本店の味」である。

 こうなったら、メンチも食べないわけにはいかない。今度は「冷やしメンチそば」(450円)を追加注文することにした。

たっぷりのねぎとわさび冷やしメンチそば」

 着丼したその姿は大変涼しげだ。一面に白ごまがふられていて、たっぷりのねぎとわさび。温かいそばよりやや濃いめのつゆも自家製である。つゆは冷たく、麺はきりっとした食感になっている。

 そして、豚挽肉をつかったメンチは荒く切った玉ねぎの食感がよく、十分に練ったミンチにはスパイスが感じられ、冷たくても十分に旨い。

 つゆの余韻を感じ自家製のコロッケとメンチの旨さを記憶にとどめ、「つくば本店」を後にした。近隣には個人経営の立ち食いそば屋が3店はあったが、今は大手と「つくば本店」のみである。自分にとっては「つくば本店」には39年間もお世話になっているわけで、末永く続いてほしいものである。

 そんなわけで、自分にとっては「コロッケそばは有り」である。

写真=坂崎仁紀

INFORMATION

つくば本店 駅前店
埼玉県さいたま市大宮区大門町1-17
営業時間
月~金  5:00~11:00
土 5:00~19:30 
日 5:00~20:00 
祝 5:00~21:00

(坂崎 仁紀)

台風10号の余波で時折り雨の降る蒸し暑い大宮駅前