小林麻耶 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサー小林麻耶が「女優業」に復帰した。往年の「ぶりっ子キャラ」を復活させ、ネットユーザーからは歓迎する声も出たが、アンチからの非難コメントは相変わらず。引退宣言から一転、芸能界への本格復帰を示唆した小林を批判する声が寄せられている。

【関連】小林麻耶 “復帰”で早くも売れっ子!? 新事務所のハンパない営業力 ほか

小林は8月19日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)内のドラマに出演した。小林が演じたのは、主人公の会社の先輩役。職場ではムードメーカー的な立ち位置だが、職場全体が「残業モード」に入ると、紙で自分の指を切ったフリをして「いたたた」と高い声で痛がり、「これって労災ですよね?」と訴えて早退しようとする厄介な女性だ。

 

小林麻耶“ぶりっ子キャラ”で女優業復帰も「ただの目立ちたがり屋」

ぶりっ子キャラ復活も…「本気でムカムカする」

ドラマではその後、男性社員にかわいさをアピールし続けたものの、最後に「成敗」されることに。視聴者は40歳ながら「ぶりっ子キャラ」全開の小林の演技を称えていた。

小林麻耶ぶりっ子復活ってスカッとジャパンの事か! おかえり!》
《あれで40歳だよ、可愛すぎだわ》
小林麻耶の演技ウザすぎてある意味好き》

一方、引退宣言しながらも、芸能界へ着々と復帰している小林への非難も相変わらずだった。

小林麻耶、引退とか言っててよく復活できるな》
小林麻耶っていつから引退宣言をなかったことにしたんだ…》
《引退する言うてんから引退しといてよ》
《引退前は妹に笑って欲しいから私頑張るっ! って言ってたのに、引退発言からさらっと復帰で、ただの目立ちたがり屋》

結婚して幸せの絶頂にいる小林だが、復帰後の好感度の下落は避けられなさそうだ。

 

(C)まいじつ