株式会社JSOL(以下JSOL)は、株式会社ロードバンドセキュリティ(以下BBSec)と、パブリッククラウドおよびセキュリティーのビジネスにおいて、8月20日より協業を開始します。
本協業では、クラウドの利用とセキュリティー対策をワンストップでお客さまに提供するサービスについて共同で開発し、サービスを展開していきます。具体的にはパブリッククラウド導入/移行サービスセキュリティサービスを結合し、セキュリティーオペレーションセンター(SOC)の拡大やCSIRT(※1)構築支援をトータルで行うことにより、お客さまのセキュリティレベルの向上を目指します。
JSOLでは、2021年度に「パブリッククラウド導入/移行」×「セキュリティサービス」事業で40億円の売上を目指します。
【背景】
 JSOLはICTサービスコーディネーターとして、これまで多くのお客さまへパブリッククラウドを利用したソリューションと運用管理サービスを提供してきました。BBSecはセキュリティー専業企業としてサイバーセキュリティー対策の分野で多くのサービスとノウハウを有しています。
デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展で、パブリッククラウドモバイルデバイスの利用が拡大し、ビジネス機会の増加とともに、サイバーセキュリティーの脅威が高まっています。特にサプライヤーリスクを考慮したセキュリティー対策が重要とされており、中でもNIST(※2)SP800シリーズおよびCyber Security Framework(※3)などに代表される、クラウドサービスを利用する上で必要となるセキュリティー上の統制が求められています。そこで、協業により両社の強みを生かしたサービスの提供を目指すことになりました。

協業範囲
(1)「パブリッククラウド導入/移行」×「セキュリティサービス」の拡充
お客さまのパブリッククラウド利用の拡大にともない、そのニーズに応えるためパブリッククラウド上のシステム構築および運用保守とセキュリティー対応をワンストップで提供する包括したサービスを両社の協業により実現します。


(2)国内SOC(セキュリティーオペレーションセンター)の拡大
サイバー攻撃に対応するため、24時間365日体制で不正アクセスの監視や分析、対応を行うSOCをJSOL、BBSecの両社で国内に2拠点化する検討を進め、2020年度のサービスインを目指します。
金融業界でのパブリッククラウドの利用が加速する中、国内で異なる地域へSOCを展開し、「FISC安全対策基準」適用システムに対する運用拠点のDR(Disaster Recovery)対応を実現します。

(3)CSIRT構築、運用からお客さまICTご利用のトータルコーディネーション
お客さまが社内のセキュリティー対策を推進するため、セキュリティーアセスメントにより現状把握し、近年早急に必要となっているCSIRT構築からその運用に必要なさまざまなサービスをご提供します。

(4)セキュリティレベル向上のための複合サービスの提供
お客さまのご要望にあわせ、要件定義やシステム開発フェーズからセキュリティー要素を取り入れていく「Shift Left」の支援サービスCSIRTを技術的側面から支援する「SIEM構築支援」と各種SIEM Appsの提供、IoTデバイス(各種制御系デバイス含む)やスマホアプリ、利用するクラウドなどに潜む特有の脆弱性診断およびその対策、万一インシデントが起きた場合の緊急駆けつけサービスなど、総合的なセキュリティサービスを提供していきます。

(※1)CSIRT(Computer Security Incident Response Team):企業、組織内の情報セキュリティー問題を専門に扱うインシデント対応部門であり、近年、セキュリティリスクから企業内に組織を設立する事案が増加しているが、有識者を含む人材確保などの課題も多い。
(※2)NIST:米国国立標準技術研究所
(※3)SP800シリーズCyber Security Framework:NISTの定めるセキュリティマネジメント等に関する指針

JSOLと BBSecは今後も協力し、お客さまのニーズにお応えする価値の高いサービスを提供していきます。

JSOL ICT Platform Solution
http://www.jsol-platformservice.com/


株式会社JSOL
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊)
https://www.jsol.co.jp/
JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客さまのより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーターです。
2009年1月、NTTデータ、三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究所との業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客さまのビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

株式会社ロードバンドセキュリティ
(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗)
https://www.bbsec.co.jp/
株式会社ロードバンドセキュリティは、ITセキュリティーの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティサービスプロバイダーです。「日本のITネットワーク世界一堅牢にする」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者からITベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスセキュリティー面でサポートしています。                                                                                                    以上

※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。


配信元企業:株式会社ロードバンドセキュリティ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ