俳優の斎藤工が主演を務め、窪田正孝が共演する今秋放送のスペシャルドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』(日本テレビ系)に、モデル・女優の高橋メアリージュンと俳優の佐藤隆太ゲスト出演することが決まった。

【写真】『臨床犯罪学者 火村英生の推理』に出演する「高橋メアリージュン」フォトギャラリー

 有栖川有栖の「火村英生」シリーズを原作とするドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』は、犯罪学者・火村英生(斎藤)と推理作家アリスこと有栖川有栖(窪田)のコンビが、事件の真相を解き明かすミステリー作品。2016年1月期に日本テレビ系にて連続ドラマとして放送された。

 3年半ぶりにスペシャルドラマとして復活となる本作では、「ABCキラー」編として、頭文字Aの場所でイニシャルAの人物が、頭文字Bの場所でイニシャルBの人物が…というように、アルファベット順に殺人が起きるアガサ・クリスティの古典的名作ミステリーABC殺人事件』を模倣したかのような連続殺人事件が発生。警察と火村宛てに「ABCキラー」と名乗る犯人から挑戦状が届く。そんな不穏な難事件に立ち向かう火村とアリスの前に現れる、どこか得体の知れない人物を、高橋と佐藤が演じる。

 高橋が演じるのは、有栖川作品の大ファンだと公言してアリスに接近するパーカッション奏者・花井唯子役。アリスもついつい当然のごとく一目惚れ(!?)するほど、魅惑的で妖艶な雰囲気を醸し出す役どころを、高橋が底知れぬ深みを感じさせる芝居で体現し、あっと驚く存在感を放つ。

 佐藤が演じるのは、「東方新聞社」の社会部記者・因幡丈一郎役。捜査協力を開始した火村の前に突如現れ、手段を問わず真相究明に執念を燃やす因幡は、やがて火村を脅かす存在に…!?

 それぞれの役を演じる上で気をつけた点について、高橋は「『この人よくわからない』と思われると嬉しいなと思い、演じさせて頂きました」、佐藤は「登場したシーンから、視聴者の方に『あれ、何だろ?』と引っかかりを持ってもらえるようなお芝居が出来たら、と思いました。とにかく『何だこいつ!?』と怪しんでいただけるような、ベトッとした嫌な感じを残せればと、思っています」と話している。

 スペシャルドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』は日本テレビ系にて今秋放送。

スペシャルドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』への出演が決まった「高橋メアリージュン」と「佐藤隆太」場面写真(C)日本テレビ