川崎フロンターレは20日、日本代表MF三好康児のアントワープ(ベルギー)移籍決定を発表した。形態は期限付き移籍となり、2020年6月30日までとなる。

今年6月のコパ・アメリカ2019日本代表デビューを果たした三好は、川崎Fの下部組織で育ち、2015年トップチーム昇格を経て、2018年北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍。今シーズンから再び期限付き移籍で横浜F・マリノスに加わり、明治安田生命J1リーグ19試合3得点をマークしたが、15日に海外移籍を前提に契約解除が決まった。

初の海外挑戦先としてベルギー行きが決まった三好は川崎Fクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメント。新天地ベルギーでの飛躍を誓った。

「この度、ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープFCと契約することができました。欧州移籍に挑戦させてもらうにあたり、支えてもらったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。これからは、RAFCの一員として活躍する事でお世話になったクラブ、皆様へ恩返しができるように頑張りたいと思います。これからも、よろしくお願いします」

アンワープは、過去国内リーグを4度優勝歴を誇るベルギーの古豪。昨シーズンリーグ戦6位躍進を遂げ、今シーズンもここまで開幕4試合で3勝1敗の4位に位置しており、ヨーロッパリーグ(EL)本選出場を目指してAZとのプレーオフに勝ち進んでいる。

サムネイル画像