浮気って病気と同じで早期発見、早期対処をすることで深刻になるのを防げるもの。

「気のせいかも?」と思っているうちに相手の女性にハマっていき、浮気が本気になってしまうこともあるんです。

だから、怪しいと思ったらスルーしないのが正解。

彼の浮気を見抜く「ほんのわずかな変化」について元女探偵の筆者が解説します。

運動やジム通いを始めようとする

女性の場合は恋するとメイクファッションダイエットに気合いが入る方が多いと思いますが、男性だって同じです。

気になる人が出来たら「服を脱いだときに恥ずかしくない体型でいたい」という欲が出るので、運動やダイエットを意識するようになります。

突然「明日から走ろうかな」「ジムに行こうかな」なんて言い始めたら怪しいです。

そこで「なんで?」と聞いたとき「いや、健康が気になって」など曖昧な回答が返ってくる場合は余計に怪しいと思ったほうがいいでしょう。

女性に比べ、男性の方が環境の変化に対する順応性が弱いので、切羽詰まらないとなかなか運動を始める人はいません。

そのきっかけに「モテたいから」という欲求がある可能性は高いです。

スマホを見る時間が増える

浮気の始まりって、今はLINEのやりとりから始まることが多いです。だから、どうしてもスマホを触る時間が増えます。

とくに、「彼女がいる」ということを隠してアプローチしている場合には、その人に怪しまれないように「空白の時間」を作らないようにするので、いつもよりLINEを返すことが増えるはず。

また、そのときの表情が嬉しそうだったり、逆にあえてスマホを手元に置かない時間が増えるなど、それまでとは少し違う様子が見られたら浮気相手と知り合ってやりとりをしている可能性が高いですよ。

ケチになる

デートってお金がかかります。

本命彼女と浮気相手と両方に奢っていたら、金欠になってしまうのでどこかで節約しようとする心理が働くんですね。

それがけっこう細かいところに出ます。

例えば、それまで1000円ランチを食べていたのが500円のところにする、ビールではなく発泡酒を選ぶなど。

微妙なところに”節約したい気持ち”が態度に出てしまうのです。

さらに旅行やイベント事などお金がかかることを嫌がるようになったら、かなり怪しいと思ったほうがいいでしょう。

後ろめたさから優しくなる

女性より男性のほうが浮気しているときに態度に出やすいと言われていますが、「後ろめたさで優しくなる」のもその一つ。

女性が浮気するときはどちらかというと被害者意識が強く、「あなたがちゃんと私を満たしてくれなかったから浮気した」とパートナーに不満を感じて開き直っていることが多いもの。

ですが、男性の場合はそうじゃないので罪悪感を感じるんですね。

「バレたらどうしよう」という気持ちは、彼女が笑顔を見せてくれれば「バレてないに違いない」と安心する気持ちに変わります。

だからこそ浮気相手とデートした後に罪悪感で「ふだん買ってこないお土産アイスを買ってきた」などの分かりやすい態度に出てしまうのです。

女の勘はだいたい当たる

多くの女性は細かな変化も見逃さない感覚を持っているので、「怪しいな」と思ったらその勘はだいたいの場合当たっています。

浮気は放置が一番よくありません。

早い段階で気付けば「もし浮気したら即別れるから」と釘をさすこともできます。

気付いた時点で、まずは自分がどうしたいのかを決めるのが良いでしょう。

(上岡史奈/ライター

(愛カツ編集部)