ANA
ANAホールディングス株式会社株式会社ニュースペースが共同開発した時差ボケを伴う海外渡航者向けの時差ボケ調整アプリが、さまざまな企業の参画のもと、利用対象者を社外に拡大したトライアルを実施することに。

時差ボケ調整アプリって?

この時差ボケ調整アプリは、「お客様がヒコーキにご搭乗された後でも疲れを感じず最大のパフォーマンスを発揮していただきたい」、 さらには「ヒコーキに乗る前よりも元気になっていただきたい」という思いをこめANAが実施している、現代の最新技術を取り入れた「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトサービス第1弾として開発を進めているもの。 今回の社外トライアルは、海外との取引や海外渡航を伴う業務がある参画企業の従業員を対象に実施される。海外渡航時に時差ボケ調整アプリを利用し、アプリの効果や使い勝手を、ビジネスパーソンの視点および企業としての働き方改革への活用の視点で検証していくとのこと。時差ボケは業務の生産性を低減する一つの要因となっていると考えられ、これまで従業員各自にゆだねられていた時差ボケへの対処に対して各企業が取り組む働き方改革への活用としても、その効果が期待されている。
ANA
ANA
ANA
ANA
ANA
ANA
今後は、2020年4月のサービス開始を目指して、時差ボケ調整アプリの開発及び実証実験が進められる。また、ユーザーに提供される助言や推奨が実践しやすくなるよう、ANAラウンジや機内サービスとの連携、出発前・渡航先・帰国後における提携先とのサービス連携など、アプリ内に留まらないサービスも随時提供されていく予定だ。 このアプリが普及されれば、ついに時差ボケに悩む人もいなくなるかも!? 続報に期待しよう。
ANA
Photo by Yuris Alhumaydy on Unsplash

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.