8月19日に放送された「有田哲平高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(TBS系)に、ゴールデンボンバー鬼龍院翔ゲスト出演。自身の貯金額を赤裸々に明かし、スタジオが騒然となる場面があった。

【写真を見る】ライブで全力を出し切り放心状態の鬼龍院翔

高嶋ちさ子を超えるせっかち芸能人”として、鬼龍院、水野真紀、外山惠理アナ、安藤美姫、西山茉希が登場。それぞれがせっかちすぎるエピソードを語った。

女々しくてつらいより、時間を奪われるのが一番辛い」と語る鬼龍院は、新元号発表からわずか1時間で新曲「令和」を発表するなど、そのせっかちぶりは仕事にも影響。

「せっかちが僕を狂わせていく」「早いは正義」という信条の鬼龍院は、どうしても我慢できないこととして、「ライブアンコールの間」を挙げると、高嶋がすかさず「分かる~」と共感。

そんな鬼龍院率いるゴールデンボンバーライブでは、アンコールからわずか3秒でステージに登場している。

しかし有田哲平は、「帰っちゃったのかな?と一回だまして、わ~!ってやりたい」と反論した。

さらに鬼龍院は、番組収録時に楽屋で待機している際のノックと「失礼します!」が無駄だと告白。“せっかち芸能人”の中でも賛成派と反対派に分かれ、議論を展開した。

そして話題は、せっかちすぎる芸能人たちの“終活”問題へ。老後のことはあまり考えていないという鬼龍院だが、「2億円貯まったら無鉄砲に生きよう」と思っていたようで、「2億円あればこの仕事がなくなっても生きていける…という計算をした」と告白。

そんな中、「やっと2億貯まったんで…」と鬼龍院はサラリと貯金額を明かし、高嶋ら一同はあ然。鬼龍院は続けて「自由にのびのび生きられるのかなと思うけど、別にあまり変わらない」と語った。

これに平成ノブシコブシ・吉村崇が「貯まったの!? 2億貯まってるのが強すぎて何も入ってこない」とツッコミを入れ、笑いを誘った。(ザテレビジョン

番組で貯金額を告白したゴールデンボンバー・鬼龍院翔