はじめしゃちょー

現代に生きる主人公が記憶を持ったまま別世界に生まれ変わるのが、いわゆる「異世界転生もの」。『転生したらスライムだった件』や『Re:ゼロから始める異世界生活』といった数々の名作が生まれ、アニメや小説、漫画を媒体として大きな人気を誇っている。

■異世界のコンビニ

18日夜に、ユーチューバーはじめしゃちょーが自身のツイッターを更新。「ポート…ストア?」「違う世界線に来たか?」というつぶやきを投稿した。

添付画像にはブルーホワイトを基調とし、十数メートル先からでも分かるローソンの外観が確認できた。しかし看板には良く見慣れた「LAWSON STATION」ではなく、「PORT STORE」という表記が。

ひょっとしたら、ローソンが『ポートストア』という名前で存在する異世界へと転生してしまったのだろうか。

関連記事:日本全国のコンビニ密集地帯ベスト10! 1位はなんと、半径150mに13店舗

■日本有数のコンビニ

ツイートの画像を受けて、ネット上では「何だこのコンビニ、初めて見た…」「一体何これ? コラじゃないよね?」といった戸惑いの声が多数上がっている。どうやらポートストアとは、『東京港湾福利厚生協会』関連の敷地内だけで展開されているコンビニの名前のよう。

同社の公式ホームページからは「海岸売店」や「日の出休憩所売店」など、東京都の湾岸沿いに展開された計10店舗の情報が確認できる。同社に取材を試みるも断られてしまったため、しらべぇ編集部はポートストアが実在するか確かめるべく「若洲サービスセンター売店」へと足を運んだ。

■ローソンだけでなく…

今回向かった店舗の最寄駅は東京・新木場。駅から所在地まで歩いて向かうのはやや骨が折れる距離なため、タクシーに乗って運転手さんから情報を仕入れることに。

ゴルフ場付近のコンビニへ向かいたいんですが…」と慎重な態度でたずねたところ、「ポートストアのことですね?」という返事が即座に返ってきた。どうやらポートストアは異世界ではなく、現代日本に実在するコンビニの模様。

ポートストア

向かった先にはファミリーマートそっくりの店舗が待ち構えていたが、看板にはしっかり「ポートストア」と表記されている。店員さんに話を聞いてみると、同店は『ファミリーマート ポートストア若洲店』として営業しているそうだ。

ポートストア

数が少ないながらも、確かに存在するポートストア。看板を見かけても異世界へ転生したと動揺せず、冷静に買い物を済ませたい。

・合わせて読みたい→「日勤より夜勤のほうが客少ないし時給もいい」 コンビニバイト経験者の割合は…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

はじめしゃちょー、異世界のコンビニへ 「初めて見た…」と驚きの声