今回紹介するのは、turboさんが投稿した『Arduinoでレーザーイルミネーションを作ってみた』という動画です。再生数は6千回を超え、「技術・工作カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ動画説明文より)

音の振動を利用してレーザーイルミネーションを発生させる装置を作ったので、ゆかりさんに解説してもらいました.
音の周波数で色々な模様ができるのがとても不思議です。


 Arduinoで作ったレーザーイルミネーションが素敵です。形を作っているのは“音”です。特に複数の音を使う“和音”では美しい図形が描き出されます。どうやっているのでしょう。

 レーザーイルミネーションの原理は単純です。スピーカーに鏡を張り、鏡にレーザーを当てます。音の振動で鏡の角度が変わるため、スクリーンに映し出される図形が変化します。

 作った装置の外観は簡素なもの。コントローラーで音量と周波数を変更することができます。

 単音では、輪ゴムのような図形が表示されます。周波数が変わると円が大きくなったり、輪ゴムがねじれたように見えたりと、図形が変化します。

 和音にすると、カゴのような美しい幾何学図形が現れます。周波数を変えるとさまざまな姿を見せてくれます。

 

 

 和音の図形は、単音の足し合わせでできているようです。たとえば、250ヘルツは縦の振動、510ヘルツは横の振動ですが、和音の図形は縦と横、両方向に振動しています。

 装置に使われているのはAruduino。コントローラーとの通信や、音の出力をマイコン制御しています。アンプ300円、レーザーも380円と結構お手軽なお値段で実現できているようです。

視聴者コメント

スゲーー
おぉー
面白いなぁ!
動くのすごい
これかっこいい

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

Arduinoでレーザーイルミネーションを作ってみた

―あわせて読みたい―

いつでも最後まで冷た~いコーラが飲める! “電子工作”で冷却&加熱装置「カップクーラー」を作ってみた

『Bad Apple!!』影絵アニメをオシロスコープで再現! 本物のPVと寸分違わぬ技術に「主天才すぎ」と称賛集まる